琴光喜恐喝で逮捕された大相撲野球賭博のキーマンが告発本を出版! 相撲界と警察の捜査の内情を暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yakuzayori_160719.jpg
『ヤクザより悪い男たち』(宝島社)

 2010年の夏場所が開かれている最中に明るみとなり、琴光喜や大嶽親方(元貴闘力)が日本相撲協会から解雇。また、多くの関与力士が謹慎休場となった大相撲野球賭博問題。この捜査過程で、押収していた力士の携帯電話から八百長を示唆するメールが発見されると、翌年には大相撲の八百長問題にまで発展。11年春場所の開催が中止になるなど、相撲界が揺れに揺れた問題は記憶に新しい。

 その事件で、琴光喜を恐喝したとして逮捕。懲役4年6カ月の実刑判決を受けた古市満朝氏が著書『ヤクザより悪い男たち』(宝島社)を出版。そのなかで、この件はでっちあげであると告発し、話題となっている。

〈これだけははっきり言っておきたい。この事件の「真相」はこれまでどこにも書かれていない。
 確かに俺は、野球賭博をした。自分でも大金を張ったし、他人の玉(賭け金)を受ける中継もやった。
 だが、俺は琴光喜から350万円を「恐喝」したことはないし、およそ5年もの間、塀の中に閉じ込められなければならないような罪は犯していない〉

 古市氏は、1988年3月場所で初土俵を踏んだ元相撲取り(同期には若貴兄弟や曙などがいる)なのだが、1997年に引退してからは、飲食店や風俗店の経営をしていた。そんな彼が野球賭博に手を染め出したのは、相撲の世界から離れ、デリヘルチェーンのオーナーとなり大金を手にし出してからのことだった。

 古市氏の著書によれば、それと時を前後して、相撲界でも野球賭博がまん延し始めていたという。野球賭博の特徴は「現金がなくても賭けられる」というところにある。手元に現金がなくても、信用さえ残っていれば、賭け続けることが可能だ。しかし、口先ひとつで金を動かすため、その結果、理性を失った人間はいつの間にか自分の支払い能力を超えた額の借金を背負うことになり、金を払えなかったり回収できなかったりといったトラブルが頻発するようになっていく。

 相撲の世界における野球賭博も、まさしくその状況にあった。琴光喜もそれで困っていたひとり。彼は勝ち金が500万円あったのだが、胴元が金に困り出し渋っているため回収するのに苦労していた。かといって現役の大関が大っぴらに圧力をかけることもできない。その話を聞いた古市氏は琴光喜に対し、自分が代わりに取り立てを行う提案をする。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヤクザより悪い男たち (別冊宝島Real)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

琴光喜恐喝で逮捕された大相撲野球賭博のキーマンが告発本を出版! 相撲界と警察の捜査の内情を暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
7 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
9 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
14 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
15 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
16 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
17 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
18 百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
1菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
9菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
10安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
11特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
12菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄