星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「Family Song」のMV がサザエさんなのにも理由がある

 星野は楽曲製作にあたり、「家族とは何か?」という命題を考え続けた。その結果として導き出された答えはこのようなものだったという。

「本当に相手の幸せとか無事とかを心から祈るっていう関係が家族ってことなのかなと」(8月20日放送『Love music』/フジテレビ)

 そこに血のつながりも、性別も関係ないし、家族のあり方だって人それぞれでいい。誰かに押し付けられる「家族のかたち」などは存在するべきではない。

 この「Family Song」で歌われた思いは、〈みにくいと/秘めた想いは色づき/白鳥は運ぶわ/当たり前を変えながら〉(ちなみに、これも2番のAメロである)と歌い、サビで〈夫婦を超えてゆけ〉と高らかに宣言した「恋」の延長線上にあるものだが、今回はそれをさらに踏み込んだ内容にしたものといえる。

 それは、「Family Song」のミュージックビデオにもよくあらわれている。この曲のミュージックビデオでは、サザエさん風の女装をした星野源がお母さん役を演じ、彼のバックバンドのメンバーであるドラマーの河村“カースケ”智康がおばあちゃん、ピアニストの小林創が長男、ギタリストの長岡亮介(浮雲)が長女、そして、スペシャルゲストの高畑充希がお父さんで藤井隆が次女と、年齢と性別がバラバラのコスプレを身にまとっている。もちろん、これは今年5月に放送された星野源の初冠番組『おげんさんといっしょ』(NHK)の世界観の流れであるわけだが、それを「Family Song」のミュージックビデオに再びもってきたのには、もちろん意味がある。彼は、8月1日放送『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のなかでこのように説明している。

「この曲というのはいわゆるいままでの家族像を歌っているわけではなくて、これからの家族像を歌いたいなと思ってつくった曲です。(略)いろんな種類の家族っていうものがこれから普通になっていくんじゃないかなと思っていて。で、それを表すのに、いわゆるみんなが演じている、ミュージシャンも含め演じている家族の役割というものが年齢も性別も、もうグチャグチャなんですよね。で、そのなかでもしかしたら、いわゆるこういう、一発で言うと『サザエさん』なんですけど、その『サザエさん』的な風景のなかで性別がグチャグチャであるっていうものの未来ももしかしたらあるのかもしれない。で、そういうのも含め、家族っていうものがどんどんどんどん多様化していくなかでっていうものの曲のコンセプトっていうものをまず映像としても示したかったというのがあります」

 しかし、現在の“家族”を取り巻く社会状況は、星野が「Family Song」で表現しようとしたこうしたコンセプトと、180度真逆の方向性だ。たとえば近年、保守的な家族規範が押しつけられる風潮がどんどん強まっている。「教育勅語は、親孝行などいいことも言っている」と政治家が平気で公言したり、10歳の子どもに親への感謝を強要する1/2成人式が流行したり、子どもが事件や事故に巻き込まれるたびに母親がバッシングされたり……。その象徴的な存在ともいえるのが、日本会議の意向を強く反映した自民党の改憲草案にある「家族は互いに助け合わなければいけない」という、いわゆる家族条項だろう。一見もっともらしいことを言っているようにも見えるこの条項は、その蓋を開けてみれば、家父長制の復活を目論むかのような旧来的な家族像や性役割を押しつけるものであり、個人の価値観や多様性など一顧だにせずマイノリティーを排斥しようとするものでもある。また、それは、国家が担うべき社会保障がすべて家族内の自己責任に押しつけられるということも意味する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Family Songサザエさん新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
11 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
12 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
13 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
17 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
19 Twitter Japanはやっぱり右!「宇予くん」JCとパートナーに
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄