星野源はなぜ大衆ウケするようになったのか?…いまだから語れる、くも膜下出血が変えた人生観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
星野源はなぜ大衆ウケするようになったのか?…いまだから語れる、くも膜下出血が変えた人生観の画像1
「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2017年5月号

星野源の表現のポップ化、『化物』と『SUN』のあいだ

 昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)をきっかけとしたお茶の間でのブレイク以降、いよいよ星野源の勢いが止まらない。

 5月にNHKでテレビ初の冠音楽番組『おげんさんといっしょ』が放送されることが明らかになり大きな話題となっている。今月は主演声優を務めたアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』も公開され、先月末に発売された最新エッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA)は重版が連続し、累計発行部数は早くも24万部に到達。先日は、過去に糸井重里、タモリ、内田樹、リリー・フランキー、是枝裕和といった錚々たる面々が受賞している「伊丹十三賞」を受賞した。

 音楽、演技、文筆、どの分野でも外れなしでヒットを飛ばしまくっている状況なわけだが、こうなるとぼちぼち聞こえてくるのが、「星野源、ちょっとマス受け狙い過ぎなんじゃないの?」という古株ファンからの声だ。

 確かに、特に音楽活動に顕著だが、ここ数年の星野源の表現のポップ化は著しい。現時点での最新アルバムとなる『YELLOW DANCER』は、内省的なフォーク色を薄めてソウルやR&Bに急接近し、より「みんなで踊れる」ポップミュージックを指向したものだった。その後にリリースされた「恋」も音楽的にはその延長線上にある。

 ただ、そのポップ化の裏には、単に「大衆受け狙い」「セルアウトした」などとは片付けられない深い理由があった。そこには、2度にわたるくも膜下出血の手術、一度ならず二度も死の淵をさまよった経験が強く影響しているというのである。「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2017年5月号に掲載された小説家・米澤穂信との対談ではこのように語られている。

米澤「『化物』(3rdアルバム『Stranger』収録)の歌詞では、「僕」が「誰かこの声を聞いてよ」と言っていますよね。次に出された『SUN』(8thシングル、4thアルバム『YELLOW DANCER』収録)では、「君の声を聞かせて」となっている。これはご自身の心境の変化なのか、あるいはもともと根は一緒のものを違うかたちで表現したのでしょうか」
星野「さすがです! そこに気づいてくださるとは。心境の変化です。『化物』は病気で倒れる直前に作った曲なんですが、当時は心情的に「僕のことを誰かわかってくれ!」と、独り善がりな状態だったんですね。その痛々しさが、そのまま歌詞に出たんです。でも、倒れて休んでって期間があってからの『SUN』では、(中略)自分の外側に興味が向かっていました。それに気づいたのは、曲ができて少し経った頃で。よく考えたら『化物』と『SUN』は対になっているぞ、と。気づいていただけて嬉しいです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

いのちの車窓から

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

星野源はなぜ大衆ウケするようになったのか?…いまだから語れる、くも膜下出血が変えた人生観のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
3 安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
4 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5 吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
6 “フジのスシロー”平井文夫解説委員と安倍夫妻の関係を物語る2枚の写真
7 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
10 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
14 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
15 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
16 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
17 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
18 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
19 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
20 坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
7安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
11コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
12天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
13「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
14大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
17菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
18日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
19小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
20ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄