星野源が『逃げ恥』主人公への非難の声に反論!「男が女の誘いを断るなんて、という意見は性のレッテル貼りだ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nigehaji_161130.jpg
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』番組ページより


『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の勢いが止まらない。今週火曜日に放送された第8話はサッカー中継のため20分遅れのスタートにも関わらず、平均視聴率は16.1%を記録。自身がもつTBS火曜ドラマ枠歴代最高視聴率をさらに更新することとなった。

 そんななか、第7話のラストをめぐって、星野源が視聴者の声に「それはレッテル貼り」と反論し、大きな反響が起きている。

 その発言の詳細に触れる前に、念のためこのドラマの概要を説明しておこう。これまで結婚にとりたてて関心をもつこともなく異性とも深い関わり合いをもったことのない35歳のIT企業エンジニア津崎平匡(星野源)が、大学院まで出たものの就職先が見つからず何とか見つけた派遣先からも派遣切りにあった森山みくり(新垣結衣)を家事代行スタッフとして雇うところから物語は始まる。そんななか、みくりの住む場所や親の目など色々な問題があり、ひょんなことから2人は「契約結婚」をすることに。そして、2人で生活を共にしていくうちに、「雇用主・従業員」の関係が「恋愛」へと変化していく、というラブストーリーだ。

 そして、問題の7話のラストシーンでは、2人がお互いに好意をもっているのをなんとなく認識し合っている状態で、みくりが平匡に抱きつきながら「いいですよ、そういうことしても。平匡さんとなら」と思い切った告白をする。しかし、平匡は自分に女性経験がないことを彼女に知られることを恐れ「無理です。そういうことをしたいんではありません。ごめんなさい、無理です」と拒絶。せっかくうまく行きかけた2人の関係が壊れてしまう。

 このシーンを受けて、11月28日深夜放送『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)には、リスナーから平匡に対してこんなお叱りの感想メールが大量に届いたという。

〈7話の最後のシーンはもう。平匡さんのバカ〉
〈世間では『平匡なにしてんだ!』という意見と、『みくり早まったな』という意見と二択に別れております。源さんの意見を是非お聞かせ願いたいです〉

 これに対し星野は、メールの「男だったらこういうとき逃げちゃダメだ」という意見は、「男ならこうすべき、女だったらこうあるべし」的な性別によるレッテル貼りの行為だとして、物語の登場人物たちはそういうレッテル貼りにこそ苦しめられているのではないかと指摘したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

星野源が『逃げ恥』主人公への非難の声に反論!「男が女の誘いを断るなんて、という意見は性のレッテル貼りだ」 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
7 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
11 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
12 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
14 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
16 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
17 自民党がネトサポに他党叩きを指南
18 不倫?谷亮子の意外な肉食遍歴
19 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
20 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
18NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄