幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「「まだこの枠から出られないなあ」っていう感じですかねえ。「箱入り息子(の恋)」から同じですが。
 何かねえ、私がそうしたいわけではないんだけど、「三十五歳童貞男、プロの独身」みたいなのをやってほしいというニーズが来るんですよね。何ですかねえ。やっぱり、“救世主としての役割”なんですかね、これねえ」
「私みたいに、「三十五歳、童貞、独身のプロ」っていう役でしか使えないような、ほかに使い道がないような感じで使われて、まあ、それを“一本彫り”でずーっとやっているうちに、だんだん、ある程度、評価も出てくると、「もしかすると、またほかの道も開けてくるかもしれないな」という感じですか」

 確かに、星野源は童貞、もしくは童貞的なキャラ設定の役柄を演じることが多い。ここで守護霊が例にあげている映画『箱入り息子の恋』も、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』もまさしくそんな役だった。だが、言うまでもなく、そういう役が「多い」だけで、「ほかに使い道がないような感じで使われて」ということではない。彼のフィルモグラフィを見れば一発でわかる通り、他にも色々な役を演じている。

 そしてさらに驚きなのが、その流れで彼の守護霊が自らを中年童貞であると告白していることだ。

「なんか、童貞のまま死んじゃうんじゃないかと思って(笑)」
「何て言うか、「初めて女性を経験するときは、ガッキーさんのような、聖女のような方と、『向こうが主導権を握って、筆下ろしをしてみたい』という感じのシチュエーションでなければ、男を守り抜く」っていう、そういう意地がないわけではないですね」

 どう読んでも、“魂の本質が童貞”とかそういう話ではなく、リアルに「中年童貞」の告白をしちゃっているのだ。しかも、このあたりのキャラ設定はブレブレで、インタビュー途中で「実はモテている」という話に変わっていたりもしているのだが、せっかくなので守護霊ではない、星野源本人は役柄と童貞についてどう語っているのか見ていこう。

〈なんでかな。俺、童貞じゃないんだけどな。
 この童貞あてがわれ力。今まで出演した大人計画の舞台での役も8割方童貞である。もはやこうなってくると設定に童貞と書かれていない役までもが、実は童貞だったんじゃないかと思えてくる。恐ろしい。
 俺、童貞じゃないからね!
 こうやって強調すると本当に童貞みたいだ。いや、いい。童貞に見えるから童貞役がくるのだ。それは喜ばしいことなのだ〉(『蘇える変態』マガジンハウス)

 aikoに二階堂ふみと、彼の女性遍歴を見れば、童貞でも草食系男子でもなく肉食なのは明白。もしかして、大川総裁は『逃げ恥』で演じた平匡と星野本人を混同しているのでは……と心配になるが、そんなものにいちいちツッコミを入れるのも野暮なので先に進みたい。

 彼の仕事の主軸となるのはミュージシャンとしての活動になるわけだが、これに関する言及がまたひどい。

 曲づくりのプロセスについて質問された星野源の守護霊は、お風呂の鼻歌でつくっているとこともなげに語っているのだ。

「お風呂なんかに行って、(タオルで体を洗うしぐさをしながら)「塵を除き、垢を除かん」みたいな感じでやっていると、そうした悟りの姿が現れて、天から啓示が降りてきて、鼻歌が出てきて、お風呂のなかで歌っていると、それが次に、「あっ、この曲いいんじゃない?」っていう感じになるわけですよね」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。幸福の科学星野源清水富美加編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
5 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 安倍首相にマッチョ批判
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
15 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
16 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
17 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄