幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 当たり前だが、一流のミュージシャンの曲づくりがそんな簡単なものであるはずがない。前述『蘇える変態』では、守護霊ではない星野源自身が曲づくりのプロセスを明かしているのでそちらを見てみたい。

〈まず、家で曲づくりをする。たまに、家ではない場所で作業する時もある。舞台の稽古場やら、ドラマの現場等、楽器が置いてある場所だったら何処でもできる。家でする場合は、机の上にノートを置き、その横にテレコ(簡易録音機)を置いて、ギターを鳴らして歌いながら作っていく。外で作曲する場合も、テレコは常に持ち歩いているので、それに録音して記録する。
(中略)
 運がいい時は5分で一曲できることもあるし、長い時はこの作業の積み重ねで数カ月かかる場合もある。たとえば今回の「夢の外へ」はCMソングなので、放送が開始する何カ月も前に詞とメロディを提出しなければならず、最終的には作曲開始からレコーディング開始までに半年かかった〉

 これで歌詞と曲はできあがるのだが、彼にとって本当に大事な作業はここからだ。基本的にセルフプロデュースで楽曲制作を行い、作詞作曲のみならず編曲も自ら手がける彼は、その編曲こそ楽曲の雰囲気を決定づける最も重要な要素であると語っている。

〈自分のような荒い作り方であっても、音楽という要素の大部分を担っているのは編曲だと思う。同じメロディでも、コードを変えたり、アレンジの施しようによってまったく別の曲になり得る。だからシンガーソングライターと名乗りつつ別のアレンジャーが音を仕切っている作品を聴くと、シンガーソングライターという言葉の持つ「己感」と出てくる音の「己感のなさ」にズレを感じ、違和感を覚えてしまう。だから、何か理由がない限り、アレンジャーは立てないだろうと思う〉

 彼の編曲にかける思いは強く、2016年11月7日放送『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でもこのように語っていた。

「僕、自分で作詞作曲もしているんですが、編曲もしているんですよね。セルフプロデュースで自分でやっているんですけれども、そこのことってやっぱり、あんまり触れてもらうことって少なくて。僕、やっぱり作詞作曲ってもちろん0から1を生み出す作業ではあるんですけど、編曲ってすごく大事なものだと思っていて。その曲の雰囲気とか、それこそテンポとか、たとえばコード進行とか楽器の使い方とか、そういうのも含めて全部編曲なので。もう本当に、実はいちばん編曲というものが大事なんじゃないかなと思っています」

 大川総裁に「降りてきた」星野源の守護霊は、インタビューのなかで何度も「自分はDAIGOのようなイケメンではない」といったような卑下を繰り返しつつこのように語る。

「私が恋をする相手っていうのは、けっこう高望みして、高嶺の花の方が多いから、(略)もう、けんもほろろに、相手にされないかたちでしてね。どこかの誰かさんみたいに「ウィッシュ」とか言って、あんな感じでかっこよく攻められないんですよ」
「外見が悪い私みたいな男は、やっぱり、話でモテなきゃいけないわけですよね」
「私なんかにジーッと見つめられてもね。例えば、私がジーッと五分見つめたら、警察に必ず電話が行きますよ。(頭の横で手をクルクル回しながら)「いま、異常犯罪者からストーカーされております」って、必ず行きますから、駄目なんですよ。ええ、だから、いい男に見つめられるのとは全然ちがう」
「『ブサイクからの出発』っていう本を書くといいと思うんですけど。『それでも私は生きていく』とかですねえ(笑)、まあ、そんな感じでいいと。モテないことを逆手に取って、逆風でも生きていく。それも、ある意味で男らしさじゃないですか。」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。幸福の科学星野源清水富美加編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
5 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
6 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 安倍首相にマッチョ批判
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 ヒラリーが尖閣の原因は日本の国粋主義
17 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
18 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
19 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
12安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
16小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄