安倍「拍手・起立」を井筒監督と松尾貴史が痛烈批判!「自衛隊員が死ぬたびに拍手送るつもりか」「ユーゲントのよう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
izutsumatsuo_01_161008.jpg
左・「キネマ旬報」10年5月15日号(キネマ旬報社)より/右・松尾貴史ツイッターより


 今国会でも、安倍首相が相変わらぬ横暴な態度を全開にしている。既報の通り、3日の衆院予算委員会では、野党に自民党憲法改正草案の中身に踏み込まれると「私じゃなく谷垣総裁が出したもの」とリハビリ療養中の谷垣氏に責任を押し付けたかと思えば、その態度をたしなめられると「デマゴーグだ!」と激昂。4日の同委員会でも介護保険見直しなどについて質問されると「厚労相を呼んで聞けばいい」と繰り返した。

 他方、安倍首相のお仲間たちは、白紙領収書を「問題なし」と揃って開き直るなど、権力を笠に着て完全に増長している。

 しかし、このような国民無視の“オレ様国会”となることは、所信表明演説の「拍手・起立」問題が起こったときから明々白々だったとも言えるだろう。あれはまさに安倍政権のグロテスクさが濃縮され露わになった瞬間でもあったが、あのパフォーマンスに対して、映画監督の井筒和幸が辛辣な意見をぶつけている。

 井筒監督は、「アサヒ芸能」(徳間書店)10月13日特大号に掲載された連載エッセイのなかでアメリカ大統領候補のトランプ氏を批判し、〈アベノミクスも、美しい日本も、一億総活躍も、トランプの煽りパフォーマンスと大差ない。どっちも異常なたわ言だ〉とバッサリ。そして、例の安倍首相のパフォーマンスにこう切り込んでいる。

〈異常といえば、自民党の国会での拍手喝采事件。まるで宗教団体や。大臣どもは「感動して自然に起こった」とイカれたことをヌカしていたが、自然発生したなら、それこそ洗脳宗教だろうが。裏ではアベの腰巾着が「皆で盛り上げてくれ」と台本書いてたらしいな。そのカラクリも宗教と同じだ〉
〈小泉の甘っちょろい倅も立ち上がって拍手してから「あれはおかしい」と。だったら立つな、バカタレが! 本当に自民党はワケのわからない集団だ〉

 さらに井筒監督は、〈何がわが国の領土、領海を防衛している自衛隊諸君に感謝だ。生活防衛でヘトヘトなのは、お前らの薄情な政治に唇を噛んで耐えてる末端の国民やろが〉と喝破。あのパフォーマンスが今後のための地ならしなのではと睨み、こんな恐ろしい未来予想を行う。

〈自演の拍手喝采で調子こいて、このまま憲法改正に乗り出し、今度は自衛隊の兵隊が負傷し死んでいくたびに、国会で“感謝”の拍手でも贈るつもりか〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍「拍手・起立」を井筒監督と松尾貴史が痛烈批判!「自衛隊員が死ぬたびに拍手送るつもりか」「ユーゲントのよう」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井筒 和幸安倍晋三松尾貴史水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
2 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
5 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
6 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 有働由美子が菅官房長官に「安倍首相のピンチヒッターですか」で大炎上
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
15 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
16 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
17 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4大阪がコロナ陽性者に葬式広告、吉村知事「東京より高齢化で死者が多い」も嘘
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄