参院選直前企画⚫極右候補者ガイド(後編)

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■九州、沖縄ブロック

☆☆ 松下新平(自民党/宮崎)
 総務副大臣。日本会議、神道議連所属。米紙「慰安婦」否定意見広告に賛同。さらにしんぶん赤旗によれば、08年、“南京大虐殺はなかった”と主張して戦争を美化する映画『南京の真実』の「製作委員会賛同者」リストに、石原慎太郎氏、西村眞悟氏らとともに名前が連ねられていたという。ちなみに、山谷えり子氏と片山さつき氏らとともに靖国神社を参拝している。

☆☆ 島尻安伊子(自民党/沖縄)
 沖縄・北方担当相。日本会議所属。普天間に関しては10年参院選で「沖縄県外移設」を公約に掲げて再選したが、13年には公約破棄し辺野古移設容認へ転じた。市民の新基地反対運動に対して「責任のない市民運動。私たちは政治として対峙する」と発言するなど沖縄差別が顕著。評論家の佐藤優氏は島尻氏を〈存在すること自体、日本の恥だ〉〈「アサヒ芸能」15年2月27日号〉、〈吐き気をもよおすような下品な政治屋だ〉(同3月6日号)と猛批判しているが、その通りだろう。


■比例ブロック

☆☆ 青山繁晴(自民党/比例)
 安倍首相から直接電話で出馬を口説かれたという青山氏。本サイトは先日の記事(https://lite-ra.com/2016/06/post-2377.html)で“国際派”のはずの青山氏が「(タックスヘイブンは)英語では『税金天国』」という間違った説明をしていたことを指摘した。すると、ネトウヨのみなさんは「また嘘吐きリテラか!」「リテラは相変わらずの馬鹿で嘘つき」と猛反発、“捏造記事”呼ばわりされたわけだが、しかし、青山氏の発言は誰でも放送を確認できる事実だ。ようするにネトウヨたちは青山氏に陶酔するあまり“妄想帝国の臣民”になってしまっているのだろう。その意味では、青山氏は極右評論家というよりも、もはやある種のカルトの域に達しているのかもしれない。

☆☆ 片山虎之助(おおさか維新/比例)
 御歳80歳のおおさか維新の会共同代表。熊本大地震に際し「大変タイミングのいい地震だ」と発言して大顰蹙を買ったことは記憶に新しい。そんな片山氏は今から20年ほど前から、国会質問で「歴史教科書にある従軍慰安婦という言葉を止めていただきたい」と政府に削除を求めていた歴史修正主義者である。そして繰り返すが、今回の参院選の結果で一番に注目すべきは、自民公明の与党に、おおさか維新、日本のこころを加えた「改憲4党」の総議席数だ。有権者はその一票が何を意味するか、よく考えなくてはならない。

☆☆ 三宅博(おおさか維新の会/比例)
 前回衆院選で次世代の党から出馬したが落選。極右市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の大阪支部代表。三宅氏は“「ヘイトスピーチ解消法」の悪用を許すな!”と訴えているが、「頑張れ日本!」と言えば「少数派を多数派と同じ扱いをすることが平等ですか」「LGBTが社会を乱している」などとLGBTへのヘイトデモを主催している団体。ようするに目的は“ヘイトスピーチの容認・推奨”だろう。騙されてはいけない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
8 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
17 池袋事故で“上級国民”批判が広がる理由とは…
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄