参院選直前企画⚫極右候補者ガイド(後編)

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■関東ブロック

☆☆ 上野通子(自民党/栃木)
 元文科政務官。日本会議議連、神道議連所属。2012年、米ニュージャージー州地元紙「スターレッジャー」に掲載された、戦中日本軍の慰安婦強制連行を否定する意見広告に賛同。なお、上野氏はかつてイギリスで3年間日本語講師を務めていたというが、サッチャーの教育改革を引き合いに、日本の戦争教育をこう批判している。〈日本に帰ってくると、日本軍が何人虐殺したなど、そんなことまで教科書に書いてある。教育現場では、先生が「どう教えたらいいのか」と困っている。そんなことまで教える必要はないと思う〉(「ZAKZAK」14年5月7日付)。侵略戦争の加害事実を抹殺しようとする教育観、これぞ歴史修正主義である。

☆☆ 中曽根弘文(自民党/群馬)
 中曽根康弘元首相の息子。日本会議議連、神道議連所属。第二次安倍政権で、慰安婦問題などを検証する「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」委員長に就任したが、まずは中曽根元首相が戦中、海軍主計士官(将校)時代に自ら慰安所の設置に積極的に関わり、慰安婦の調達までしていたと証言していることを、国民にしっかりと説明すべきだろう。詳しくは本サイトの記事(https://lite-ra.com/2015/07/post-1323.html)をご覧いただきたい。

☆☆ 中川雅治(自民党/東京)
 第二次安倍政権で参議院議院運営委員長に就任。日本会議、神道議連所属。14年、統一教会主催のイベントに萩生田光一首相補佐官とともに来賓挨拶をしたと報じられた(「週刊朝日」14年12月5日号/朝日新聞出版)。また、中川氏はかつて自身のサイトで義家弘介文科副大臣、橋本聖子参院議員との対談記事を掲載していたのだが、そのなかでいじめ問題について、このように得意げに語っていた。〈私の中学時代は男子校でしたが、クラスの悪ガキを中心に皆いつもふざけていて、ちょっと小さくて可愛い同級生を全部脱がして、着ていた服を教室の窓から投げるようなことをよくやっていました。(略)同級生を脱がして、皆でお腹やおちんちんに赤いマジックで落書きしたりしました。やられた方は怒っていましたが、回りはこれをいじめだと思っていませんでしたね〉(現在は削除)。こんな陰惨な“いじめエピソード”を披露しておきながら、中川氏は「いじめられている方も弱くなっているという側面はありませんか」などと続けているのだから神経を疑う。

☆☆ 朝日健太郎(自民/東京)
 元バレーボール選手で五輪にも出場経験のある朝日氏だが、彼が自民党から出馬したのは別に意外ではない。朝日新聞のアンケートでは、「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」という問いに対し、「どちらかと言えば賛成」と回答するタカ派。どうにも、スポーツエリートのなかには、海外の選手としのぎを削っている過程で変にウヨク思想に傾倒するケースが後を絶たない。そんな朝日氏が2010年、「Number」(文藝春秋)9月16日号でのアスリートたちがオススメの本を紹介するという企画であげたのが、小林よしのりの『ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論』(小学館)。なるほど、と妙に頷かずにはいられない。

☆☆ 猪口邦子(自民党/千葉)
 あまりウヨク的なイメージのなかった猪口氏だが、昨年、海外在住の学者に勝手にトンデモ歴史修正本を送りつけていたことが発覚。詳しくは本サイトの過去記事(https://lite-ra.com/2015/10/post-1628.html)をお読みいただきたい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

自民党は日本会議、神道政治連盟だらけ…参院選「ウヨミシュラン」候補者は星2つ、1つでもこんなに危険!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
4 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
8 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
9 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
10 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
11 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
12 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
15 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
16 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
17 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
18 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
19 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
5安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄