箱根駅伝を連覇、青学・原監督はレース中の檄もチャラかった! 駅伝選手と監督の名言集(ただし腐女子目線)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 柏原が卒業年となった2012年にも田中がらみの名言が。走り終わった柏原が7区での走行を控える田中に「俺の貯金(リードしたタイム)を全部使っていい」と電話をかけ、田中は「区間賞取ったるわ!」と返答、見事に有言実行で区間賞を成し遂げた――というエピソードも。美しい友情だなあと普通に感動しつつ、「事実は小説よりも萌えなり」という言葉が頭をちらつく。おそるべし、リアル男子の友情。

 東洋大絡みの言葉をもうひとつ、再び『勝利の名言』から紹介しよう。2011年、わずか21秒差で早大に敗れた東洋大。ひとりあたり2秒と少し縮めていれば……という惜敗の悔しさから、選手たちは“1秒をけずりだす”という意識で練習に励むようになったという。部員同士で「けずれ、けずれ」と声をかけあうこともあったそうだ。そして迎えた2012年の箱根駅伝で、東洋大は2位の駒澤大学に9分以上の差をつけて圧勝。絆の勝利だ!と胸が熱くなるエピソードだ。合言葉は「その1秒をけずりだせ」に形を変えて残り続け、2014年には選手の腕にマジックインキで書かれていたが、一部の選手はチームメイトに書いてもらったのだという。想像すると顔がほころぶ光景だ。

 とまあ、ここまでは王道の名言を昇華してきたが、箱根駅伝にはもっとマニアックな萌えポイントもある。それは監督。三浦しをんや、お菓子研究家・福田里香、編集者・岡田育らの対談集『駅伝女子放談』(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)でも、監督萌えトークに花が咲いている。

 例えば、スパルタ指導で知られる駒澤大学・大八木弘明監督。『勝利の名言』ではレースの最後で脚を叩く選手に対し「『叩く暇があったら、走れ!』とまで言ってしまった(笑)」と明かしているが、読んでるこっちは笑えないレベルの鬼監督ぶりである。しかし、ただ厳しいだけではない。『駅伝女子~』によると、2009年に総合13位に沈んだ際、試合後に「お前達は何も悪くない、俺のせいだー!」と大泣きしていたのだという。スポーツ漫画を地でいく熱血監督だ。眼鏡とスーツが似合うインテリ風の見た目なので、そのギャップも二次元的である。

 大八木監督と違うベクトルの厳しさを感じるのが、東洋大・酒井俊幸監督。イケメンというよりはかわいい系の見た目とは裏腹に、立ち振るまいは非常にクールで、2012年の全日本駅伝では区間賞を獲得した5区の高久龍に対して「いい走りをした」と評しながらも「あくまで駅伝ですから、先頭に立たないことには、責任を果たしたことになりません」とコメントしている(『勝利の名言』)。そんな冷静を通り越してドSな酒井監督、『駅伝女子~』では「鉄紺騎士団と冷徹な姫」と評されている。30代男性をつかまえて「姫」って……という感じだが、一目見れば納得するはずなので、ぜひ選手に紛れる姿を探してみてほしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉 (講談社+α文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

箱根駅伝を連覇、青学・原監督はレース中の檄もチャラかった! 駅伝選手と監督の名言集(ただし腐女子目線)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大学編集部腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
5 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
6 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 黒人差別問題でK-POPファンが差別主義者を撃退!
13 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
17 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
18 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄