箱根駅伝を連覇、青学・原監督はレース中の檄もチャラかった! 駅伝選手と監督の名言集(ただし腐女子目線)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hakoneekiden_160103.jpg
箱根駅伝公式Webサイトより


 2016年、第92回の箱根駅伝は予想通り、青山学院大学が圧倒的な強さで連覇を果たした。1区から一度もトップを譲らない完璧な走りは、王者の風格。昨年の優勝がフロックでなかったことを証明したといえるだろう。

 駅伝ではこれまでほとんど名前を知られていなかった青学がここ数年、急速に力をつけたのは、原晋監督の手腕におうところが大きい。

 駅伝といえば、今でも根性論を前面に出す指導が主流だが、原監督は監督と選手、学年で上下関係をつくらず、部員を怒ることなんてほとんどしない。掲げる作戦名も、昨年は「ワクワク大作戦」、今年は「ハッピー指数大作戦」と、明るいというか、軽い。しかし、この明るいのびのびとした指導が選手をプレッシャーから解放し、青学を強くしたのである。

 本サイトは、昨年、駅伝監督と選手の名言を特集。その中で、原監督がレース中、選手にかける言葉もチャラかったことを暴露した。同記事には他にも駅伝ならではのグッとくる言葉や腐女子を萌えさせる言葉が満載なので、ぜひこの機会に読み返してみてほしい。
(編集部)

********************

 箱根駅伝がいよいよスタートする。今年で第91回目を迎える正月の風物詩だが、近年では元AKB48・篠田麻里子やグラビアアイドル・吉木りさもファンであることを公言し、ファッション誌「MORE」(集英社)でも特集が組まれるなど、“駅伝女子”も増加中だ。筆者もそのひとりで、放送中はテレビにかじりつき、予選会は現地で観戦、オフィシャルグッズのボールペンまで愛用している。

 いったい箱根駅伝の何が女子の心をひきつけるのか? 篠田麻里子は自身のツイッターで「皆さんの頑張りに励まされます(^^)」などとキラキラ女子らしい感想を述べているが、完全に萌え目線で見ている筆者からすると「妄想ポイントが目白押しなんですわ、ゲヘヘ」という感じである。

 ゲヘヘ派の駅伝女子の教祖と言えるのが、箱根駅伝小説『風が強く吹いている』(新潮社)を書き、BL好きとしても知られる作家・三浦しをんだ。三浦は『妄想炸裂』(新書館)において、箱根駅伝の萌えポイントとして「個人競技と団体競技のおいしいところがうまくミックスされている点。つぎに、選手たちがどうやら普段から団体生活を営んでいるらしい点。最後に、関係性のパターンに広がりを持たせられる点」の3つを挙げているが、まさにその通り! 観戦していても、先輩選手にタスキを渡した後輩選手が頭を撫でられていたり、ゴールした選手を仲間が笑顔で抱きとめてあげたりと、選手同士の仲のよさがうかがえるシーンが多く、腐女子としてはたまらないのだ。

 まあ、実際のゲヘヘポイントはテレビ中継でご確認いただくとして、今日はリテラらしく“言葉で萌える箱根駅伝”ということで、選手や監督の名言集をお届けしよう。

 やはり、最初はその三浦先生も熱く語る選手同士の「関係性」がうかがえる発言。『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』(生島淳/講談社)に、それを代表するような名言が載っていた。

「タスキを手渡すこと、これには目に見えない力が宿っています」

 2011年に5区を走った早稲田大学・猪俣英希の名言である。ポイントは、猪俣クンの5区は芦ノ湖でゴールとなるためタスキを渡す機会がないこと。でも、猪俣は翌朝、スタート地点で6区を走る高野寛基にタスキを手渡したのだという。

「なにか、自分の気持ちを込めて、高野にタスキを渡したかったので」
 そして、猪俣からタスキを受け取った高野は6区で東洋大を追い抜き、早大の総合優勝に貢献した。

 どうですか。これ。もうたまらんでしょう。普段は「絆? ハァ?」とか思ってる筆者も、こんな話を聞かされると、「猪俣が具体的に説明しなかった“なにか”こそ、チームの絆なんですよ!」とか、熱弁をふるってしまいそうだ。

 この数年、箱根駅伝最大のスターといえば、やはり東洋大学の“山の神”柏原竜二(現・富士通)だが、この柏原も名言を残している。2011年、トップでゴールして往路優勝を決めた後に柏原はこう叫んだ。

「やったぞ田中!」

 田中とは同級生・田中貴章のことで、“山の神”として注目されるプレッシャーからシーズンを通してスランプに陥っていた柏原を優しく励ましてくれていたのだという。無事に走り終え、感謝の気持ちが募って叫んでしまった……。この台詞を聞いてテレビの前でのけぞる腐女子が続出したらしい。

 柏原が卒業年となった2012年にも田中がらみの名言が。走り終わった柏原が7区での走行を控える田中に「俺の貯金(リードしたタイム)を全部使っていい」と電話をかけ、田中は「区間賞取ったるわ!」と返答、見事に有言実行で区間賞を成し遂げた――というエピソードも。美しい友情だなあと普通に感動しつつ、「事実は小説よりも萌えなり」という言葉が頭をちらつく。おそるべし、リアル男子の友情。

 東洋大絡みの言葉をもうひとつ、再び『勝利の名言』から紹介しよう。2011年、わずか21秒差で早大に敗れた東洋大。ひとりあたり2秒と少し縮めていれば……という惜敗の悔しさから、選手たちは“1秒をけずりだす”という意識で練習に励むようになったという。部員同士で「けずれ、けずれ」と声をかけあうこともあったそうだ。そして迎えた2012年の箱根駅伝で、東洋大は2位の駒澤大学に9分以上の差をつけて圧勝。絆の勝利だ!と胸が熱くなるエピソードだ。合言葉は「その1秒をけずりだせ」に形を変えて残り続け、2014年には選手の腕にマジックインキで書かれていたが、一部の選手はチームメイトに書いてもらったのだという。想像すると顔がほころぶ光景だ。

 とまあ、ここまでは王道の名言を昇華してきたが、箱根駅伝にはもっとマニアックな萌えポイントもある。それは監督。三浦しをんや、お菓子研究家・福田里香、編集者・岡田育らの対談集『駅伝女子放談』(SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS)でも、監督萌えトークに花が咲いている。

 例えば、スパルタ指導で知られる駒澤大学・大八木弘明監督。『勝利の名言』ではレースの最後で脚を叩く選手に対し「『叩く暇があったら、走れ!』とまで言ってしまった(笑)」と明かしているが、読んでるこっちは笑えないレベルの鬼監督ぶりである。しかし、ただ厳しいだけではない。『駅伝女子~』によると、2009年に総合13位に沈んだ際、試合後に「お前達は何も悪くない、俺のせいだー!」と大泣きしていたのだという。スポーツ漫画を地でいく熱血監督だ。眼鏡とスーツが似合うインテリ風の見た目なので、そのギャップも二次元的である。

 大八木監督と違うベクトルの厳しさを感じるのが、東洋大・酒井俊幸監督。イケメンというよりはかわいい系の見た目とは裏腹に、立ち振るまいは非常にクールで、2012年の全日本駅伝では区間賞を獲得した5区の高久龍に対して「いい走りをした」と評しながらも「あくまで駅伝ですから、先頭に立たないことには、責任を果たしたことになりません」とコメントしている(『勝利の名言』)。そんな冷静を通り越してドSな酒井監督、『駅伝女子~』では「鉄紺騎士団と冷徹な姫」と評されている。30代男性をつかまえて「姫」って……という感じだが、一目見れば納得するはずなので、ぜひ選手に紛れる姿を探してみてほしい。

 早大・渡辺康幸監督は、ふっくらした見た目通りの親しみやすいキャラクター。2010年には食べずに飲むだけという過酷なダイエットでピーク時より体重を12キロも減らしたというが、その理由は「箱根駅伝で優勝して胴上げをされるため」(しかしすぐにリバウンド)。また、『勝利の名言』においては「柏原が迫ってくる80分間、これは本当に地獄ですよ」「いやあ、柏原が卒業して本当に助かりました」と本音をぶっちゃけており、「おいおい、しっかりしてくれ!」とツッコミたくなるが、どこか憎めない、愛され系の監督だ。残念ながら今年で退任ということで、最後はぜひ、笑顔で胴上げされる姿が見たいです!

 青学・原晋監督は選手思いの優しい監督である。また、青学のイメージどおり考え方もイマドキな様子。レース中のサングラス着用の是非を問うた『スポーツ報知』の連載「箱根駅伝への道」(2014年3月6日)では、「故郷の両親や恩師に頑張っている顔を見せるべき」(東洋大・酒井監督)、「学生らしいスタイルで走るべき。ただ、選手がしっかりした理由を持って『使用したい』と言ってきたら考えます」(駒大・大八木監督)などの意見があるなか、「ファッションでもいいでしょう。駅伝は泥臭いスポーツですが、おしゃれにスマートに走る。それが青山学院のスクールカラーであり、チームカラーですから」と答えている。また、『大学駅伝決算号 2013-14』(ベースボール・マガジン社)によると、選手に対して「中継所で彼女が待ってるんだろ! 区間賞くらい取っていけ!」と檄を飛ばしたこともあったという。さすが青学、チャラいぞ(褒め言葉)!

 10区間で合計217.1Kmを走り切る箱根駅伝。ここまで挙げたような選手の関係性や監督のキャラクターを知っていると、ついつい萌え目線で鑑賞してしまうのだが、もちろんスポーツとしてもちゃんと楽しみたい気持ちはある。そこで、各大学の戦略などを調べておこうと『月刊陸上競技増刊 箱根駅伝公式ガイドブック』(陸上競技社)を開いてみた。が、東洋大2年・服部弾馬の趣味が裁縫であるという事実を知り悶絶。「男子大学生が裁縫ってかわいすぎるだろ~!」と、やはり萌えが優先されてしまうのであった。
(野島 花)

最終更新:2016.01.03 01:30

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉 (講談社+α文庫)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

箱根駅伝を連覇、青学・原監督はレース中の檄もチャラかった! 駅伝選手と監督の名言集(ただし腐女子目線)のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大学編集部腐女子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
2 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
3 安倍首相の総理在任最長でNHKが岩田明子解説でヨイショ特集
4 「桜を見る会」参院選に招待枠、選挙利用の証拠が次々と
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
8 沢尻エリカMDMA逮捕を警視庁がTBS、文春に事前リーク!
9 韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくり
10 「桜を見る会」招待の基準は安倍応援団とワイドショー!
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
14 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
15 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
18 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 即位祭典“エンドレス万歳”に「怖い」の声!「天皇陛下万歳」の戦前回帰
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄