流行語大賞決定でネトウヨがまた的外れ攻撃! ベスト10 に「アベ政治を許さない」「SEALDs」が入っただけで…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ryukougo_151202.jpg
新語・流行語大賞公式ウェブサイトより


 昨日、「2015ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞に「トリプルスリー」と「爆買い」が選ばれた。

 だが、この2語が今年を象徴する言葉だとは、どうにも腑に落ちない。中国人観光客が日本で大量の買い物を行う「爆買い」は一時期盛り上がっただけだし、「トリプルスリー」なんて人気も下火の野球界の記録の話。正直なところ、熱心な野球ファンしか気に留めていなかった話題ではないのだろうか。

 この結果に、一部では「選考委員が日和ったのでは?」という声が挙がっている。というのも、今年の新語・流行語のノミネートが発表された段階から、「安保法制に批判的な言葉ばかりがノミネートされている!」とネトウヨががなり立てていたからだ。

 それで、政治絡みの言葉を排除した結果、こういうインパクトのない言葉になってしまったのではないか、というわけだ。

 もっとも、トップ10には「アベ政治を許さない」と「SEALDs」が入っており、今度はこれに右派が噛み付いている。

「産経ニュース」は早速、選考委員長の鳥越俊太郎氏が安保法制反対派の抗議運動「『アベ政治を許さない!』国民の一斉行動デー」の呼びかけ人であることを挙げて〈“身内びいき”“自画自賛”と受け止められかねない〉と批判。もちろん、ネトウヨたちも一緒になってわめき散らしている。

 しかし、新語・流行語大賞は、なにも現在の選考委員になって政治的になったのではない。新設当時から政治に批判的な言葉を選んできた実績があるのだ。以下、そのことを紹介した記事を再録する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

流行語大賞決定でネトウヨがまた的外れ攻撃! ベスト10 に「アベ政治を許さない」「SEALDs」が入っただけで…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自民党がネトサポに他党叩きを指南
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 『遊☆戯☆王』高橋和希の“安倍政権批判で炎上”はおかしい!
5 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
6 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
7 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
8 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
9 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
10 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
11 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
12 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
13 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
14 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
17 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
18 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
19 ローラへのバッシング報道の裏側
20 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
1自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄