高須院長のネトウヨ発言に恋人・西原理恵子がクレームをつけていた! でも理由は自分の漫画が売れなくなるから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takasusaibara_151114_top.jpg
上・高須克弥Twitterより/下・西原理恵子Twitterより


 いまや富裕層エリートのネトウヨ=エリウヨの代表格となっているのが、高須クリニック院長の高須克弥氏だ。連日、氏のTwitterではネトウヨ言説が恥ずかしげもなく垂れ流されているが、南京事件の世界記憶遺産登録問題を〈数の問題だ。数が大きいのを大虐殺と言うんだ。大虐殺はなかった。便衣兵の殲滅と処刑はジュネーブ条約違反ではない〉と主張し、今月10日に開かれた“極右の祭典”と化した「今こそ憲法改正を!1万人大会」にも嬉々として参加。〈自虐史観払拭し父祖の名誉を回復し民族の誇りを取り戻そう 自主憲法を制定しよう!それから真の日本再生がはじまる〉と投稿している。

 さすがは自ら「ネトウヨ」と名乗るだけのことはあるが、ここで気になるのは、高須氏の恋人である漫画家・西原理恵子の存在だ。いったい、西原氏は“ネトウヨ彼氏”のことをどのように受け止めているのか、筆者含め心配している愛読者は少なくなかったが、ついに、この“サイバラは高須のネトウヨ発言をどう思ってるのか問題”を高須氏本人が言及した。

「僕の彼女の西原理恵子のところには「高須の彼女だから、もう、おまえの漫画は買わない」とか、安保法制反対派から、ものすごいたくさんツイートが来たようです」

 高須氏がこう話しているのは、現在発売中の「正論」(産経新聞社)12月号に掲載された八木秀次氏、細川珠生氏との鼎談でのことだ。やはり高須氏の言動が西原氏本人にも影響を与えていたようだが、高須氏はこのように言葉をつづけている。

「西原は中道なんですが、僕に怒って来ましてね。「私は漫画で食ってるんだから、そんなに旗色をはっきりされると困るんだけど」って。だけど、イデオロギーはもちろん、ある法案の賛成派か反対派かなんて、彼女と彼氏で違っていい。僕は、西原にそう言ったんだけど、西原は「私はどっちからも漫画を買ってほしい」と言うんですよ(笑)」

 高須氏を諫めるでもなく、「漫画を買ってほしいから旗色ははっきりさせるな」と怒るだけ。──正直、「サイバラ、どうしちゃったの?」と思わずにはいられない話ではないか。たしかに、高須氏が言うように恋人同士で政治的主張が食い違うこと自体はよくある話だし、意見をぶつけ合いながらも相手の思想を尊重するのは大事なことだと思う。しかし、高須氏の場合、その政治的主張および思想は、差別主義に基づいて歴史をねじ曲げており、看過できないものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

毎日かあさん12 母娘(ははこ)つんつか編

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高須院長のネトウヨ発言に恋人・西原理恵子がクレームをつけていた! でも理由は自分の漫画が売れなくなるからのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ大方 草漫画家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
3 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
4 神社宮司が日本会議や神社本庁を批判
5 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
6 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
7 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
8 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
9 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
10 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
11 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
12 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
13 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
14 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
17 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
18 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
1GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
2また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
3 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
4自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
6GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
7韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
10コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
17日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
18ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
19槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定
20RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄