辛坊治郎にヨイショされ竹田恒泰と嫌韓トーク…安倍首相が『そこまで言って委員会』でネトウヨに癒されてご満悦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
iinkai_01_150907.jpg
読売テレビ『そこまで言って委員会NP』番組HPより


 なんなんだこの番組は? 先日、本サイトでスクープしたとおり、安倍首相は4日の国会をサボって関西へ行き、読売テレビの2番組に出演したが、4日の『情報ライブ ミヤネ屋』生放送に続いて、昨日6日、『そこまで言って委員会NP』(以下、委員会)が放送された。

『ミヤネ屋』の内容が安倍首相の主張をなんの批判もなしに垂れ流す“タイコ持ち番組”だったことは既報のとおりだが、『委員会』は、超タカ派の主張を繰り広げ、ネトウヨから絶大に支持されている番組で、安倍首相は同番組に過去に十数回も出演している。より安倍礼賛色が強くなることは火を見るよりも明らかだったが、実際、放送された内容は、想像をはるかに超えるトンデモっぷりだった。

「左翼くんの安倍政権・安保法制徹底チェックスペシャル」と銘打たれた今回の放送。安倍首相の出演は番組開始30分後ぐらいからだったのだが、その前に冒頭から「左翼(ひだり・つばさ)くん」なる着ぐるみのゆるキャラが登場。この「左翼くん」に「国会前の安保反対デモは国民の声」「安保法案の正体は戦争法案だ」といったようなことを言わせ、それに対して、コメンテーターが一斉に反論して袋だたきにするという仕掛け。ようは咬ませ犬をつかって、安倍首相がスタジオ入りする前に安保法制反対論をつぶしておくという“地ならし”を行ったのだ。

 しかも驚いたのは、いざ安倍首相が登場すると、「左翼くん」が退場してしまったことだ。「左翼くんの安倍政権・安保法制徹底チェックスペシャル」はタイトルだけ、『委員会』は安倍首相に最初から安保法制について反対派の意見をぶつける気などツユほどもなかったわけである。

 では、『委員会』は代わりに安倍首相に何を問い、何を語らせたのか。

 盛大な拍手と歓声(「ウヒョー!」という声まで聞こえた)に包まれながらスタジオに姿を現した安倍首相。まずは司会の辛坊治郎からの「いま国会開会中で、(出演は)じつはまずいんじゃないですか?」という質問に、「国民にしっかりと説明せよと言われておりますので、総理大臣の役目として、こういう番組をつうじて、国民のみなさまにわかりやすく説明したいなと思いまして」と返答する。

 国会をサボって全国ネットでもない偏向番組に出演する理由の説明にはまったくなっていなかったが、もちろん辛坊はスルー。そして、安保法制について安倍首相にこう話しかけたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

史料が語る太平洋戦争下の放送

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

辛坊治郎にヨイショされ竹田恒泰と嫌韓トーク…安倍首相が『そこまで言って委員会』でネトウヨに癒されてご満悦!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ安倍晋三小杉みすずの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
2 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
3 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
15 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
16 『ミヤネ屋』が青木理をクビ切り
17 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
18 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
19 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
5中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄