「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 最近出版された『アクターズ読本』(洋泉社)のインタビューでは、自らの役づくりについて語っているのだが、そのエピソードもすごい。そこで安田は、映画『小川町セレナーデ』、一人舞台『ひとり語り』、そしてドラマ『問題のあるレストラン』と立て続けに女形を演じた時期を振り返っている。『小川町〜』ではオカマのショーダンサーを演じるため毎日のようにムダ毛を剃り、すっかり習慣化したことを明かしている。さらに『問題のある〜』では女装好きなゲイを演じたのだが、あまりに役にのめりこんだためか、「最後のほうは、自分に生理がないことが悔しかった。着替えでブラジャーするときなんか、『自分の乳首には価値があるんじゃないか』と思ったぐらいで(笑)」と、ドキッとするような発言を残している。このように役と自分が同化するかのような気持ちの入り方が、安田の役づくりの根底にあるのだ。

 しかし前述の鈴木亮平が圧倒されたと語る『HK 変態仮面』での役づくりはそんなレベルをはるかに超えている。『HK 変態仮面』での安田の役は、鈴木が演じるパンティーを被ると超人的な能力が発揮される「変態仮面」の最強の宿敵。鈴木は自身のブログで「変態仮面」が「超高校級の変態」とするなら、安田の役は「プロの変態」「レベルが違いすぎる」と解説しているのだが、演じた安田についても「あまりにも強烈な俳優力を持った先輩であり、劇中と同じく、僕は俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」と振り返る。

 そして、安田の度を超えた役づくりについて暴露しているのだ。たとえば、ロープで縛られるシーンの準備の際のこと。安田は「もっときつく…いや、もっときつくだ!」とスタッフに指示(懇願)、そして完成した亀甲縛りを鏡に映し「いいねぇ…情けないねー…」と笑顔を浮かべていたらしい。さらには、役柄について監督に「この役はあえてウ○コを我慢することで興奮しているという設定はどうですかね?」という細かすぎる提案までしていたというのだ。そして「都心の駅前を、なんの躊躇もなくほぼ裸で走り抜け」た、とも。

 たしかに鈴木の言うとおり役者の鑑とも言うべきプロ根性だが、ここまでくると役づくりを超えた何かがあるのでは、と邪推してしまう。

 そういえば、もともと安田はいつでもどこでも脱ぎたがるという癖を持っていることはファンの間では有名だが、この『変態仮面』の敵役のオファーが来た際には、事務所社長が「顕ちゃんは変態なのに変態の役が全然来なかった。今回、変態の役が来て本当に良かった」と喜んでいたという話もあった。もしかして演技への情熱というより、ただの趣味が高じただけだったりして……。
(江崎理生)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アクターズ読本 (洋泉社MOOK)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江崎理生鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
2 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
3 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
4 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
5 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
6 つんく♂が秋元のメンバー差別に
7 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
8 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
10 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
11 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
12 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
16 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
17 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
18 古市憲寿と落合陽一「終末医療やめろ」論の酷さ
19 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
20 東京五輪が日中戦争でなくなる?
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
6ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
7所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
8ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
9安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
10早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12たけしの性差別発言はなぜ問題にならない?
13安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
15日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
18安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄