「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yasudaken_150826.jpg
『アクターズ読本』(洋泉社)

NHK連続テレビ小説『花子とアン』でブレイクし、『天皇の料理番』(TBS系)で幅広い層に知名度を上げた俳優の鈴木亮平。甘いマスクと日本人離れした肉体が目を引くが、なにより彼の名を広げたのは、その壮絶な役づくりだ。

 通常は70kgほどの体重だが、見せ場がV字水着姿という映画『HK 変態仮面』に主演した際には、85kgまで増やした後に脂肪だけを落として体脂肪は8%に。病に侵される役を演じた『天皇の料理番』では食事制限で56kgまで落とし、心優しき大男を演じる映画『俺物語!!』では86kgまで増やし、増減は計30kgあまり。

 しかし、その鈴木にブログで「俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」「まさに狂気!もはや殺気!」と言わしめた男がいることをご存じだろうか。近年、多くのドラマや映画に引っ張りだこの男――演劇ユニット「TEAM NACS」の安田顕、彼こそが鈴木を圧倒した俳優なのだ。

 安田といえば、大泉洋を全国区に広めたローカル番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)の“準レギュラー”として、数々の伝説を生みだした“奇跡を呼ぶ男”。テレビ番組にもかかわらず早食い対決で牛乳を「大リバース」したり、同局マスコットの「onちゃん」として着ぐるみをかぶって出演していたはずが、いつの間にか着ぐるみの顔部分を外して煙草を吸っている瞬間をカメラに撮られたり。『鈴井の巣』(同)という番組では、包茎手術を受ける一部始終を放送するなど、端正な顔立ちと、残念な中身のギャップで熱烈なファンをつかんでいる。

 もちろん、ファンが支持しているのはたしかな演技力があってのこと。鈴木の体重増減のように“数字”として表せるものではないが、安田の役づくりは愚直なほどの役にのめりこむ彼の姿勢にあるのだ。

 たとえば、TEAM NACSの舞台『COMPOSER~響き続ける旋律の調べ』でモーツアルトの亡霊を演じた際には、幽霊なのに色黒なのは変だと考え、日焼け対策を徹底し、青白いほどの白さを死守。さらには眉毛を勝手に剃り落し、事務所からお灸を据えられたという逸話を持つ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アクターズ読本 (洋泉社MOOK)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。江崎理生鈴木亮平の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
2 “使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
3 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
4 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
7 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
8 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
9 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
10 「ほんこんおもんない」に法的措置ちらつかせ批判殺到…極右芸人・ほんこんがやらかしたもうひとつの言論弾圧と在日ヘイト誘発
11 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
14 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
15 “菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」
16 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
17 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
5“使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
6玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄