和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 
 それは「文藝春秋」98年3月号に掲載された「直木賞作家、芥川賞を語る」と題した林真理子、浅田次郎、出久根達郎の鼎談だ。浅田は「どんどん二つの賞の違いを説明しにくくなっていますよね」といい、「だからこの際、「純文学と大衆文学という区分けは間違いでありました。今後は時流にのっとって新人賞と中堅賞にしましょう」とか「短編賞と長編賞にしましょう」とか宣言すればいいんですよ」と提案するが、その後は芥川賞作品のこき下ろし合戦に突入。林が芥川賞受賞作の村上龍『限りなく透明に近いブルー』を「ドラッグとセックスを書くとわりと小説っぽくなる、とバカな人々に先入観を与えた最初の小説」と語れば、浅田も石原慎太郎『太陽の季節』を「高校生の時に海の民宿で、ギャグのつもりで(障子破りを)やったら、本物の不良少年たちは『太陽の季節』を誰も知らないから、あとでボコボコにされた」。そして作品だけでなく、矛先は芥川賞作家にも向けられていく。なかでも林のルサンチマンは特筆すべきものがあるので、発言を拾ってみよう。

「純文学の人って、大学の先生になっちゃったりして食べていけるひとが多いんじゃないかなあ。その知性と教養がかえって良くない」
「純文学の人ってすごくプライドが高いでしょう。私なんて中上健次さんに「お前なんかと違って俺は純文学だから」って何度も言われた」
「純文学系の人は、すべての文学年表や文学史にちゃんと載るわけですよ。でも私、エンターテインメントだというだけで全部排除されちゃうのよ」
「芥川賞の方が直木賞より上だと思っている人がそれだけ多い」
「(最近の芥川賞作品は)私のような本好きが読んでもちょっと付いていけない、「なんだこりゃ」というような作品が多い」

 林がよほど悔しい思いをしてきたことがよく伝わってくる発言だが、この鼎談のあと、今度は読売新聞紙上で文化部記者の鵜飼哲夫が純文学界を「閉塞状況」と論評。こうして巻き起こった純文学衰退論に、純文側も黙っていなかった。ぶちギレたのは、笙野頼子だ。

 笙野といえば、芥川賞に三島賞、野間文芸新人賞など純文学系新人賞を総ナメし、作風も高度な言語実験を駆使したバリバリの純文学作家。笙野は毎日新聞で「売れさえすればいいのか」「臓器から幼児ポルノまで売買される貨幣の世界で、経済効率だけ掲げるものは所詮文化ファシストでしかない」と真っ向から反論。「純文学という言葉を珍しくも、ある危機感にかられて、私は敢えて擁護したい」「守りたいと思ったのだ、文士の森を」と、純文学擁護の立場を鮮明にした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記) (創元ライブラリ)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学芥川賞酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
2 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
3 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
4 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
5 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
6 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
11 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
12 維新府議の「即入院」がテレビではじめて吉村知事に質問されるも…
13 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
14 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
15 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
16 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
17 ディズニーの原点は千葉のヤンキー
18 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
19 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
20 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
1竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
2JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
3パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
4五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
5炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
6変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
7「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
11東京都が消防庁の職員団員3万人を五輪に投入、救急車も大量配置
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄