和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした西の指摘に綿矢は、「(純文は)キャラクターの枠に当てはめずに人物を描くから、一人の人物にいろんな要素が詰まっていることが多くて、その分、登場人物があまり多くならない傾向があるかな」と返答。どうやらふたりの話をまとめると、登場人物の言動にきちんと理由がわかるよう説明が求められるのがエンタメ、キャラクターに頼らない分、登場人物が少なくなるのが純文学の傾向だということだろうか。

 また、直木賞作家の桜庭一樹は、読書エッセイ『お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記』(東京創元社)のなかで、ある作家が芥川賞受賞時のインタビューで“エンタメ小説を書いていたときより純文学を書くようになると不安になるぐらいゆっくりに変わった”と語っていたことを取り上げ、「なるほど、早く書くとエンタメで、ゆっくり書くと純文なのかな」と思い浮かんだと綴っている。じつは桜庭自身も「純文とエンタメのちがいがよくわからなくて」と述べているように、もはや作家自身も、何が純文学なのかよくわからないようだ。

 そもそも、芥川賞と直木賞でも“ねじれ”というべき現象が起こっている。有名な話では、今回、又吉の選考理由を記者の前で述べた芥川賞選考委員の山田詠美は直木賞受賞作家だ。また、1998年7月に発表された第119回芥川・直木賞では、「純文学」作家の車谷長吉が『赤目四十八瀧心中未遂』(文藝春秋)で直木賞を受賞し、逆に「エンターテインメント」作家の花村萬月が『ゲルマニウムの夜』(文藝春秋)で芥川賞を受賞している。このとき文壇では“文学ジャンルのボーダーレス化”、さらには“純文学というジャンルの衰退”がさかんに語られた。

 さらに、この車谷・花村の受賞から半年前には、直木賞作家たちから“芥川賞 ディス”ともいうべき声があがっている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記) (創元ライブラリ)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学芥川賞酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
5 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
6 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
7 安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
8 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
9 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
10 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
11 萩生田文科相に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ
12 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
13 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
14 「生理」への偏見と保守派の性教育破壊
15 安倍が文科相に抜擢した萩生田光一こそ問題だらけのタマネギ男だ
16 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
17 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
18 安倍辞任会見でも“忖度”丸出しのマスコミ…フジは「もっと休んでおけば」
19 黒歴史!封印されたドラえもん
20 候補者アンケートで維新の極右ぶり露呈!防衛費倍増の賛同者が自民党より
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
4統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄