萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤…警察は不祥事隠しの常習犯だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした警察の裏面史を振り返ると、「不祥事隠し」という生やさしいレベルではなく、犯罪とその隠蔽の連続だったことが分かる。超難関の国家試験をパスしたキャリア官僚から末端の警察官まで、同じ穴のムジナだ。警察庁のまとめでは、14年に懲戒処分を受けた警察官・警察職員は全国で300人にもいた。大手マスコミは「2000年以降で3番目の少なさ」などと持ち上げているが、これを「少ない」とプラス評価する態度が間違っていないか。「警察の不祥事は報道などで表沙汰になって初めて不祥事になる。闇から闇へ葬られる案件は公表数字よりはるかに多い」は、最早、国民の常識と言っていいのではないか。警察組織を守るため、そして面子のために不祥事を隠蔽する。それが日本警察の一面でもある。

「袴田事件」「足利事件」を振り返るまでもなく、警察は自分たちの都合となれば、平気で証拠をデッチ上げ、証拠を隠し、無実の者を犯罪者に仕立ててきた。まさに “犯罪のデパート”とでもいうべきだ。だからこそ、メディアによる監視やチェックが重要なのだが、記者クラブを通じて警察とベッタリの新聞・テレビはなかなか不祥事を報道せず、警察発表を垂れ流すだけ。それどころか、「貸し・借り」を作って互いに秘密を握り合う関係すら築いてきた。

 だから、警察の隠蔽体質も簡単に治らない。大マスコミも警察の腐敗体質をつくりだしている共犯者だ。
(南村 延)

最終更新:2015.07.02 12:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

本当にワルイのは警察~国家権力の知られざる裏の顔 (宝島社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤…警察は不祥事隠しの常習犯だのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ南村 延編集部警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 マツコが文書改ざんは安倍首相の独裁に原因と指摘
4 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
7 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
8 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
9 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
10 小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
13 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
14 安倍首相の祖父・岸信介のアヘン利権
15 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
18 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
19 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
20 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
3 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄