LINEで「ラブホ」発言? 話題の若手清純派女優・広瀬すずの素顔は意外とエロかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 16歳とは思えない芯の強さ。しかしそれは、週刊誌が書き立てるような“家族の事情”だけに立脚するものではないはずだ。

 たとえば、異例の抜擢で広瀬がヒロインを演じた連続ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)は、一説には、現在、独立騒動の渦中にある能年玲奈が当初キャスティングされていたという。いわば広瀬は代打だったわけだが、彼女はインタビューで「何度も台本を読んで、自分で言葉を理解したい。せりふって感じではなく、広瀬すずとして言えたらいいな」(「月刊テレビジョン」15年3月号)と意気込みを語っていた。事実、彼女の等身大の演技は視聴層だった小中学生のあいだで共感を呼び、一躍人気を獲得。棚ぼたでやってきた仕事ながら、それを彼女は自身のビジョンをもって成功に変えたのだ。

 ちょっとエロいプライベートの顔も、家族を支えるしっかり者の顔も、そして女優として全力投球する顔も、すべて16歳の少女の一面にすぎない。でも、その多面性は彼女の大きな魅力だ。ちなみに、前述した綾瀬の「芯がちゃんとある」という評価に対し、広瀬はこう答えている。

「分かります?」

 先輩女優を相手にしても余裕の堂々さ。大物の予感、大である。
(大方 草)

最終更新:2015.06.17 08:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

写真集 「海街diary」

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

LINEで「ラブホ」発言? 話題の若手清純派女優・広瀬すずの素顔は意外とエロかった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草女子力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
5 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
6 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
7 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
8 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
9 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
10 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
11 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
12 萩生田文科相に幸福の科学側に立って文科省に働きかけ
13 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
14 「土人」差別を煽る警察専用雑誌が
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
17 「生理」への偏見と保守派の性教育破壊
18 黒歴史!封印されたドラえもん
19 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
20 幹部から新人までほとんどが商売右翼
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
4統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄