LINEで「ラブホ」発言? 話題の若手清純派女優・広瀬すずの素顔は意外とエロかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hirosesuzu_150617.jpg
FOSTER Management Office公式サイトより


 先週土曜日に是枝裕和監督の最新作『海街diary』が公開された。監督、出演者によるプロモーションも強力で、公開2日間の興行収入は約2億3000万円。ランキングでは『ラブライブ!The School Idol Movie』に首位を奪われたが、2位という好発進をきった。

 もちろん本作で注目を集めているのは、豪華な女優たちの競演。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆という先輩女優が居並ぶなかでもっとも勢いがあるのが、末っ子役の広瀬すず。この映画では同名である「すず」役を演じているが、オーディションで是枝監督は「広瀬さんを見た瞬間、“すずがいる”と思えた」と話し、「相当いい女優になる」と絶賛。この作品で若手女優として大きなステップアップを果たしたと言えよう。

 愛らしいビジュアルとフレッシュさ。だが広瀬の“武器”はそれだけではない。それはずばり“エロさ”だ。

 広瀬といえば、2012年に「ミスセブンティーン」に選ばれ、姉・アリスとともにモデルとして活躍。ブレイクポイントとなったのは昨年放送された「ゼクシィ」のCMだったが、彼女は15歳にして「結婚を意識したい理想の彼女」像として人気を博したのだ。また、同じく昨年出演した『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』(フジテレビ系)では第1話目からブラ姿を披露し、視聴者の度肝を抜いた。

 とくにインパクトが大きかったのは、過去の恋愛スキャンダルだろう。というのも、広瀬のブレイク前、ドラマで共演したジャニーズJr.宮近海斗との2ショットプリクラがネット上に流出するという騒動があったのだが、その際に一緒に流出したLINEでのやりとりには、「どこいくか?」「ラブホ」という過激な内容も含まれていたのだ。今年に入って放送されたカップ焼きそばのCMでは「全部出たと?」と言う広瀬の台詞が卑猥だとして非難が殺到したが、このスキャンダルを承知の上でCMを見ると、彼女が卑猥であることも理解して言葉にしているような気がして、卑猥どころか直球のエロCMではないのか?と狼狽えたのは筆者だけではないはずだ。

 清純さを売りにしながらも漂う色気……。じつはこうした“ませた”一面も、彼女はメディアで隠すことなく披露している。

 たとえば、姉・広瀬アリスとともに「SEVENTEEN」(集英社)で連載していた読者の悩み相談コーナー『広瀬姉妹のしばき合いトーク』は、タイトルからして“清純派売り”をすでに蹴ってしまっているが、中身もしかり。

「気になる後輩男子に近づく方法は?」という高1女子の悩みに対して妹・すずは、「①ハイテンションでいって仲いいふうに近づく」「そして②。年下だけど、同級生として扱う。③カレが「年上ってめっちゃかわいいじゃん」って思うしぐさを調べる…」と具体的かつ実践的な落とす方法を指南している。すでに男子のくすぐりポイントを押さえているようだ。

 また、姉・アリスにも手厳しく、「ほんっとお姉ちゃんはモテないもんね。ダメな見本だよ? かわいそうなくらい」「“モテない”以上の言葉があるのなら姉にさし上げたい」と語り、「だからさ、ずっとぶりっ子しながら生活しなよ」と、20歳になる姉に16歳の妹がアドバイス。──こうした遠慮のない話ができるのも姉妹ゆえかもしれないが、「私のほうが絶対に女子力が高いです」と答えているように、恋愛やモテに興味津々であることを隠していない。

 スキャンダルもなんのその、我が道をゆく奔放な若手女優──。そんな印象も受けるが、一方で週刊誌は広瀬の“苦労人”としての側面を取り上げている。

 まず、「女性自身」(光文社)15年3月3日号は、広瀬の父親がいまから4年前に脳卒中で倒れ、〈長期にわたって入院生活を続けており、一家は、祖父から相続した家や土地を手放さざるをえなかったようだ〉と報道。そして、芸能界に興味をもっていなかった広瀬が「ミスセブンティーン」に応募した理由を、中学1年の彼女が「家計のために自分も働かなきゃ」と考えたからだ、としている。

 この「女性自身」のほかにも、「週刊新潮」(新潮社)や「FLASH」(光文社)も広瀬のこうした「家庭の事情」を伝え、“現代のおしん”のように広瀬を紹介している。家業だった看板屋も閉鎖し、経済的にも厳しいなかで家庭を支えるべく、姉と同じ芸能界を目指した少女。……そう聞かされると、たしかに「しっかりしたお嬢さん」という印象が強くなる。

 実際、『海街diary』で共演している綾瀬はるかは、広瀬のことをこんなふうに評している。

「すずは一六歳なのに、芯がちゃんとあるんですよ。自分は何が好きでどういうことをやりたいかっていうのを持っているよね」
「人に流されていないし、すごいなと思うんですよね。そのちゃんと芯のある感じが欲しい(笑)。私の十六歳の頃なんて、まだ女優として生きていきたいとかそういうことは全然考えられなかった」(「文藝春秋」7月号/綾瀬・広瀬の対談より)

 16歳とは思えない芯の強さ。しかしそれは、週刊誌が書き立てるような“家族の事情”だけに立脚するものではないはずだ。

 たとえば、異例の抜擢で広瀬がヒロインを演じた連続ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)は、一説には、現在、独立騒動の渦中にある能年玲奈が当初キャスティングされていたという。いわば広瀬は代打だったわけだが、彼女はインタビューで「何度も台本を読んで、自分で言葉を理解したい。せりふって感じではなく、広瀬すずとして言えたらいいな」(「月刊テレビジョン」15年3月号)と意気込みを語っていた。事実、彼女の等身大の演技は視聴層だった小中学生のあいだで共感を呼び、一躍人気を獲得。棚ぼたでやってきた仕事ながら、それを彼女は自身のビジョンをもって成功に変えたのだ。

 ちょっとエロいプライベートの顔も、家族を支えるしっかり者の顔も、そして女優として全力投球する顔も、すべて16歳の少女の一面にすぎない。でも、その多面性は彼女の大きな魅力だ。ちなみに、前述した綾瀬の「芯がちゃんとある」という評価に対し、広瀬はこう答えている。

「分かります?」

 先輩女優を相手にしても余裕の堂々さ。大物の予感、大である。
(大方 草)

最終更新:2015.06.17 08:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

写真集 「海街diary」

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

LINEで「ラブホ」発言? 話題の若手清純派女優・広瀬すずの素顔は意外とエロかった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草女子力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
2 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
3 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
4 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5 安倍首相にマッチョ批判
6 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
7 山本太郎を評価せよ!
8 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
9 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
10 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
12 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
13 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
14 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
18 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 タモリの知られざる“政治性”とは?
1 安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
4 NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5 上田晋也が安倍政権とメディアの“沖縄県民投票無視”を痛烈批判
6 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8 安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
9 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10 安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
11 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
15 安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
16 4人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
17 参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
20 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄