中川政務官以外にも路チュー目撃多数! 国会議員同士のキモすぎる恋愛事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■スクープがあいつぐ女性議員のスキャンダル

 日本の大手新聞をはじめ正統メディアでは長らく「政治家の臍から下のことは書かない」が不文律となっていた。だが、それも時代の流れのなかで変化していく。大きなエポックとなったのは、89年6月に週刊誌の「サンデー毎日」(毎日新聞社)が、時の首相・宇野宗佑と愛人関係にあったという元芸者へのインタビュー記事を掲載し、大々的にキャンペーン記事を張ったときだ。折しも翌月には参議院選挙が実施され、自民党は議席の過半数を大きく割る大敗北を喫した。宇野はその責任をとって首相を辞任している。ちなみに性的嫌がらせを意味するセクシャル・ハラスメント(セクハラ)の語が一般に広まり、新語・流行語大賞に選ばれたのもこの年のことである。

 それ以来、政治家にとって不倫やセクハラなど異性をめぐるスキャンダルは大きなダメージとなった。96年には衆院議員・船田元に元NHKアナウンサーで当時参院議員だった畑恵(いずれも当時新進党に所属、まもなくして自民党に移る)との不倫疑惑が持ち上がる。疑惑はやがて事実と判明し、当時のベストセラー小説のタイトルからとって「政界失楽園」などと騒がれた。99年に二人は結婚するが、妻子を捨てた船田への風当たりは強く、翌年の総選挙では落選している。なお、このとき同選挙区で当選したのは民主党の新人女性候補・水島広子だった。

 船田は92年に宮澤改造内閣に経済企画庁長官として戦後最年少(当時)の39歳で入閣したこともあり、将来の首相候補との呼び声も高かった。だが、2009年の総選挙で2度目の落選を経験(その後12年の総選挙で復活)、権力の座からは遠のいた。皮肉というべきか、船田が自民党復帰後にその派閥の結成に奔走した山崎拓もまた、一時は首相の座に近づきながら女性スキャンダルが仇となって失墜している。

 これらはいずれも男性大物政治家のスキャンダルで、船田をのぞけばその相手は政治家ではない。このあと2000年代半ば以降になると、女性政治家の政界内での恋愛ネタが週刊誌を中心に騒がれることが増えていく。なかでも野田聖子と佐藤ゆかりにはたびたびスキャンダルが持ち上がっている。周知のとおり両者には、小泉政権下の05年の郵政解散選挙で野田が郵政民営化反対を訴えたのに対し、佐藤はその選挙区に“刺客”として送りこまれて争ったという因縁がある。

 酒豪で知られる野田はかつて若手国会議員との“泥酔チュー”を写真週刊誌にすっぱ抜かれたことがある。また鶴保庸介参院議員との事実婚(07年に解消し現在は別の男性と婚姻)や不妊治療なども話題を呼んだ。一方で佐藤も05年の総選挙のさなかに過去の不倫疑惑が報じられたほか、当選後も「週刊新潮」に江崎洋一郎衆院議員との「不倫デート」という体でスクープ記事が掲載され騒動に発展している。

 不倫ではないが、自民党の参院議員の丸川珠代も08年に同じ党の衆院議員・大塚拓との交際を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられている。健全な恋愛関係だったにもかかわらずこのケースがスクープとして扱われたのは、やはり局アナ出身の丸川が“美人”として知名度があったからだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

恋の六法全書 ガールズトークは“罪"ですか?

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中川政務官以外にも路チュー目撃多数! 国会議員同士のキモすぎる恋愛事件簿のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫中川郁子政治家近藤正高門博文衆の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
6 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11安倍晋三に中国電力から原発マネーが 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄