カジノ解禁が安倍と橋下を結びつける? 政官界が狙うカジノ利権の中身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kajino_141209.jpg
『別冊宝島2261 カジノ利権の正体』

「アベノミクス解散」で廃案となったものの、選挙後、必ず復活しそうなのが、通称「カジノ法案」こと統合型リゾート施設(IR)推進法案。安倍晋三首相が「アベノミクス成長戦略の目玉」と位置づけているだけでなく、出馬をとりやめた橋下徹大阪市長との間に、カジノをめぐる連携があると取沙汰されているからだ。

「直前まで衆院選出馬をほのめかしていた橋下市長が出馬を取りやめ、党首討論会でも野党の代表とは思えないくらいに、安倍首相べったりの発言をしているが、橋下市長と安倍首相を結びつけているのはカジノだといわれている。橋下市長のカジノ大阪誘致への執着は相当なものですから、菅義偉官房長官あたりがカジノを誘い水に橋下市長を口説いたんじゃないか、と」(全国紙政治部記者)

 外貨獲得を実現し、多数の新規雇用を生み出し、その結果、大きな経済効果を発揮するといわれているカジノ。しかし、メリットだけではないのも確かだ。治安の悪化、反社会的勢力の介入、マネーロンダリングに利用される可能性、ギャンブル依存症患者の増加など、負の側面をいくつも抱えているのだ。

 そもそも経済効果についても疑問の声があがっている。全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会・編『徹底批判!! カジノ賭博合法化 国民を食い物にする「カジノビジネス」の正体』(合同出版)で弁護士の吉田哲也氏は、日本のカジノが海外のカジノ運営業者に頼らざるをえないことを指摘したうえで、こう述べている。

「しかも、そもそも、日本のカジノ賭博は、日本国民の賭博客をあてこんだものである。海外のカジノ賭博業者の首脳陣は、カジノ賭博市場としての日本の魅力について、『日本の潜在能力を高く評価する』と発言している。ここでいう『日本の潜在能力』が日本人の蓄え、金融資産であることは想像に難くない」

 海外からの観光客誘致のために設置されるはずのカジノだが、実際のところは、海外カジノ業者が日本人ギャンブラーから金を巻き上げる場所となる可能性が高いというわけなのだ。もし、カジノが解禁されれば、国民の資産はどんどん海外のカジノ運営業者に流出してしまうかもしれないのだ。

 そして、同書ではギャンブル依存症の恐ろしさについて藍里病院医師・吉田精次氏が、こう説明している。

「一度依存症になると、脳には一生その回路が残る。そのため何年やめていても、ギャンブル依存症患者がギャンブルを『ほどほどに楽しむ』ということは不可能である。やり始めるとあっという間に元通りになると考えなければならない」

「ギャンブル依存症と診断がついたときは、それは個人の意志や人格の問題ではなく、れっきとした病気(脳機能の疾患)であると認識することが必要である。しかし、まだまだギャンブル依存症に関心を持って治療に当たる精神科医が極端に少ないのが現状である。残念なことに、病気と診断されず、適切なアドバイスを受けることもできない状況が多々あるのだ」

 現在の日本の医学界では、ギャンブル依存症の深刻さが的確に認知されていない状況があり、適切な治療が受けられない可能性が高いという。カジノが合法化されたのなら、当然ギャンブル依存症の対策を行う必要が出てくるだろうが、現時点ではあまりにも不十分すぎると言わざるをえない。

 とにかく、デメリットが多いにも関わらず、安倍首相ほか多くの政治家たちが、カジノ合法化を推進しようと躍起になっているわけだが、一体カジノ合法化にはどんな“旨味”があるというのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

徹底批判!!カジノ賭博合法化 国民を食い物にする「カジノビジネス」の正体

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

カジノ解禁が安倍と橋下を結びつける? 政官界が狙うカジノ利権の中身のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三選挙野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
2 入管法改正をケント・ギルバートが批判
3 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
4 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
5 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
6 山本太郎を評価せよ!
7 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
8 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
11 水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
12 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
13 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 嵐の暴露本出版!メンバーの不仲話も
16 “コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛
17 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
18 安倍首相の恩師・宇野重昭氏が死去
19 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
20 ショーンKよりモーリーがヤバい
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
3安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6入管法改正案が法務委で強行採決!
7麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
8 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
11大阪万博スポンサーに米カジノ企業3社が
12 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
13 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
14憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
15香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
16百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
17天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
18ゴーンの「50億の報酬」は払われていなかった!検察の杜撰捜査
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄