近藤誠医師の“がん放置”理論は現代医学への警鐘か、危険な宗教か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 抗がん剤についても近藤氏は強気の姿勢を崩さない。

「僕の主張は、すべての患者にあてはまることと受け取ってもらってかまわない。僕が、がん研究に費やした時間は約10万時間。それだけの勉強量で、何万本という論文を読んでも、抗がん剤で人を救えたという報告はない。これは効かないと断定してもいいでしょう」(「週刊朝日」13年6月21日号)。

 たしかに、医療界が延命効果のない抗がん剤を患者に投与している現実はあり、近藤氏の指摘はある部分は正しい。しかし、一方で、近藤氏の告発した“がん診療ワールド”も進歩をしている。

 抗がん剤が延命効果を上げているケースはたくさんあるし、QOLに寄与しているケースもある。転移したがんでも、抗がん剤で小さくした後、切除する時代になっている。

「例えば大腸がんの場合、しばしば肝臓への転移が見られますが、治癒の可能性があるから諦めてはいけません。最新の抗がん剤は手術不可能なものを手術可能にするほど、がんを短期間で縮小させ、コントロールできる。結果、東大での5年生存率は50%以上、手術関連死亡率は0%という成績です」(大場大・東大病院肝胆膵外科助教、「週刊新潮」14年4月3日号)。

 また、高野利実・虎の門病院臨床腫瘍科部長は10年ほど前の近藤医師とのエピソードを語っている。

「近藤先生は壇上では“ハーセプチン(乳がんに使う抗がん剤)はダメだ”と言いつつ、懇親会の席では“別の抗がん剤との併用ではなく単剤ならやってもいいと思うよ”と話していたくらいです。そのうち、日常的に患者さんを診ることがなくなり、考えが極端な方向で凝り固まってしまったのでしょうか」(「週刊新潮」14年4月3日号)

 近藤氏が医師中心のがん治療から患者のQOL、インフォームドコンセントの充実が必要と医療の転換を呼びかけたことの功績は大なのだが、自らの理論をいつしか無謬なものと勘違いしてしまったようだ。 

 もうひとつ、近藤の問題点は、患者が何の治療もせず放置した結果をきちんと出していないことだ。本当に多くの患者が転移のないまま生存しているのか、亡くなった患者も苦しんでいないのか、がデータとして明らかになっていないのだ。高野部長はこう指摘する。

「近藤先生は抗がん剤治療だけでなく、必要なケアもしないで、本当に患者を“放置”するわけですから、無責任です。緩和ケアまでご自身でやって、最期まで看取るというなら、先生のような考えがあってもいいと思いますが、実態はそうではない。経過の良かった150人のことを本にして発表していますが、その陰には悲劇的な死を遂げた何十倍もの人がいることを忘れないで欲しい」(「週刊新潮」14年4月3日号)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

近藤誠医師の“がん放置”理論は現代医学への警鐘か、危険な宗教かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。がん医療小石川シンイチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
13 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
17 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 セカオワFukaseのいじめ発言
20 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
1JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄