「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに、前出した山下智久主演で公開中の映画『近キョリ恋愛』の原作(みきもと凜/講談社)でも、いろんなパターンの“顎クイ”がこれでもか!とあらわれる。イケメンだけどチャラチャラした振る舞いをする英語教師・ハルカは、女生徒に「くちびる乾いちゃったからリップ塗って」と言われれば「はぁ?しょーがねぇなぁ」と言いながら左手を顎に添えて上向かせ右手でリップを塗ったり、内緒で付き合っている教え子・ゆにが落ち込み、涙を目一杯にためて堪えれば、彼女の顎を持ち上げ、零れた涙を舌で拭ったり……。これを読むと、“顎クイ”は壁ドン以上に動作にバリエーションがつけられることがよくわかる。しかも、“顎クイ”からのキス、という流れを無視して予想外の行動に出られることで、女子はよりドキドキ感が増すらしい。『近キョリ恋愛』は、“顎クイ”を習得したい人には最良の参考書、かもしれない。

 一方、来年1月からアニメの第2期放送が決定した『神様はじめました』(鈴木ジュリエッタ/白泉社)でも、顎クイが登場。この作品は、ホームレス状態になった女子高生の奈々生が、土地神から家として神社を与えられる代わりに土地神の責務も任され、神使・巴衛に支えられながら奈々生が神様へと成長していく……という物語。そのなかで、巴衛が奈々生の顎を親指と人差し指、中指でガッと掴み、キスしようとするシーンがあるのだ。巴衛は、もとは野狐という狐の憑き物だったため、耳としっぽがあったり、長い爪、銀髪といったいかにも妖狐といった風貌。この“顎クイ”シーンも、頬に添えられた長い爪が映え、妖しい色気もアップしている。妖怪と“顎クイ”、なんとも相性がいいようだ。

 心理学的にいうと、キスをするときに顎を持ち上げる人は“自己主張が強い亭主関白タイプ”なのだという。恋愛に積極的になれない草食系男子どころか、女性に対する興味もなくなった絶食系男子が増殖しているといわれる昨今、女子たちは強引な男子を妄想の世界で愛でているということなのだろうか。──ただし、くれぐれも注意してほしいのは、“顎クイ”も壁ドン同様、「ただしイケメンにかぎる」という前提つきであること。いや、いくらイケメンでも、オレ様な亭主関白タイプはマンガだから楽しめるだけ。リアルでは無理!という女子も多いので、“顎クイ”実践で返り血をあびないよう、気をつけてほしい。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.18 04:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

きょうは会社休みます。 7 (マーガレットコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。壁ドン新語田口いなすの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
7 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
8 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
9 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
14 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
19 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
20 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
5安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
8検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
11黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄