「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ayaseharuka_01_141015.jpg
ドラマでも顎クイが見られる?(日本テレビ『きょうは会社を休みます。』番組サイトより)


 今年、大ブームとなった“壁ドン”。マンガのなかの女子たちのあこがれシチュエーションだった“壁ドン”は、『近キョリ恋愛』『クローバー』といった少女マンガ原作の恋愛映画や、『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などのドラマでも多用。その人気は留まるところを知らず、なんとついに、実際に壁ドンされる体験イベントがあちこちで開かれているほど。9月に開催された「東京ゲームショウ2014」でも壁ドン体験ができるブースが設けられ、長蛇の列をなすほどの大盛況となった。

 さらに、“壁ドン”は進化し、壁際にいる女の子の足の間に膝を割り込ませる“股ドン”に、両手両足で壁に張り付く“蝉ドン”など、さまざまな派生形が誕生。なかでも人気なのが、“床ドン”。もはや単に押し倒しているだけとしか思えないが、『アオハライド』(集英社)や『L♡DK』(講談社)といった人気少女マンガ作品でも、女子たちがもだえる“床ドン”シーンがぞくぞくと生み出されている。

 しかし、“壁ドン”につづいて新たなブームとなりそうなのが、ほかにある。それは、“顎クイ”だ。

  “顎クイ”とは、ご想像の通り、向かい合った女の子の顎をクイッと持ち上げるという行動。きっかけは、「Popteen」(角川春樹事務所)の人気モデル“まえのん”こと前田希美が、“壁ドン”につづく萌えシチュエーションとしてTwitterやYouTubeで紹介したこと。顎クイをされている、まえのんのかわいさも相まって、じわじわと流行りはじめているのだ。

 この“顎クイ”は、綾瀬はるか主演で人気を博しているドラマ『きょうは会社休みます。』の同名原作(藤村真理/集英社)にも登場している。“彼氏いない歴=年齢”のアラサーこじらせ女子OL・花笑が、試行錯誤しながらバイトの大学生・田之倉(ドラマでは福士蒼汰)と初めて付き合う様子を描いたこの作品。そこに花笑の会社の上の階に入っているイタリア食品会社のイケメンCEO・朝尾(ドラマでは玉木宏)が絡んで……といった物語だが、原作5巻で、そのシーンは登場する。それは、花笑が大切なお守りを拾ってくれた朝尾にお礼としてケーキをつくる約束をしたことを田之倉に報告する場面だ。

 朝尾にケーキをつくることに、田之倉が怒るかもと後悔し、あれこれ言い訳を並べる花笑。田之倉はそんな花笑をさえぎって、指で花笑の頬ごとムギュと潰し、「オレもケーキ喰いたい」と顎に手を当ててキスするのだ。──床ドンほどの強引さはないが、年下のかわいらしさも残しながら男らしさをアピールできる……どうやら“顎クイ”には、そんな効能があるらしい。福士蒼汰で実演される日がじつに楽しみである。

 また原作では、田之倉だけでなく朝尾の顎クイも見られる。薬を盛られて意識朦朧としていた花笑に付き添い、ホテルで田之倉が来るのを待っていた浅尾。そのとき、花笑を抱きしめ、顎を持ち上げキスしようとするのだが、すんでのところでやめる。無抵抗で無防備な相手に顎クイし、やめるという行動は、思いの真剣さや誠実さの表れでもあるので、普段は飄々としている朝尾がやると、そのギャップもあってより切なさが増すというもの。この切ないシーンを朝尾役の玉木宏がどう演じるのかにも注目したいところだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

きょうは会社休みます。 7 (マーガレットコミックス)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「壁ドン」の次は「顎クイ」がブーム! 進化する女子の妄想のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。壁ドン新語田口いなすの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
11 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 山本太郎「麻生太郎は万死に値する」は問題なし、当の麻生も自民党議員も発言
14 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
20 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄