中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ただ、今回、中川がこれほどまでにバッシングを受けてしまった理由には、彼女の“オタクブランディング”にもあるのではないだろうか。中川だけではなく、アニメ好きであることを芸能人がアピールすると、「ほんとうはリア充のくせに」「ビジネスヲタでは?」「軽々しく語ってほしくない」と、オタクたちから声が挙がることはとても多いからだ。

 実際、中川に対しても、大炎上の合間に“小さな炎上”が頻発している。たとえば、中川が大好きだという『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメ版主題歌である「ジョジョ~その血の運命~」について「第1話が流れた瞬間にハートが震えて」とコメントしたのだが、ネット民は“実際は第2話から放送された”ことを指摘。アニメ『Free!』についても、Twitterで主要キャラの名前を間違えたことで、中川の代名詞ともいえるアニメ趣味について「やっぱりニワカだったのか」「ニワカでまかせ薄っぺら」として切り捨てられたのだ。

 だが、中川といえば、芸能人が二次元好きを公にした先駆者的存在である。先日、よりにもよってこのタイミングで発売された中川にとって初の“アニメ語り本”である『中川ブロードウェイ』(エムオン・エンタテインメント)にも、いかに中川がアニメ好きかが細かに綴られているが、なかでも注目したいのは本書で中川と対談している声優・三石琴乃の発言だ。

 三石は『新世紀エヴァンゲリオン』のミサト役や『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役で知られる、中川が敬愛する声優のひとり。三石は対談で、中川にこう語りかけている。

「しょこたんのアニメラヴ的なオーラ、私たちの業界にはすごいプラス効果で。ホントは好きなのに『何それ?』って知らないフリをしていたアニメ好きなコたちが、『いいよね』って素直に話せるような環境を作ってくれたのには感謝感謝」

 いまではアニメ好きをオープンにすることは実社会でもよくあることだが、中川が注目を集め始めた05年当時は、グラビアアイドルが二次元への愛を語ることはまだまだめずらしかった。とくにバラエティ番組『考えるヒト』(フジテレビ系)で披露したイラストは、アイドルらしからぬシュールさとプロ顔負けの画力が話題を呼び、中川がブレイクするきっかけとなったが、そこには中川のマンガやアニメへの強いリスペクトが感じられた。──三石の発言が示すように、中川はオタク趣味が世間に受け入れられる土壌をつくった功労者といえよう。中川以後、オタク趣味をビジネス利用するアイドルは増えたが、その扉を開いた中川には、損得勘定はなかったはずだ。

 だいたい、キャラの名前を間違えることも、主題歌がいつ流れたかを失念してしまうことも、ふつうに考えればあり得ること。そんなに目くじらを立てるような話ではないことは明白だが、ネット民の攻撃は止むことがない。おそらく、知識や情報の体系化がなされていないネット上では、先駆者である中川と、最近の戦略的な“二次元好き”アピールを行うニワカアイドルが一緒くたにされてしまっている部分もあるのだろう。

 昨晩10月3日のTwitterでは、「きっと、わかってくれるひとはいる だから笑顔で、いきる」と書き綴った中川。この文面からも長引く炎上に疲弊しているようすが見て取れる。中川の精神面が非常に心配な状態だが、どうかバッシングに負けることなく、乗り越えてほしいと思う。
(水井多賀子)

最終更新:2015.01.19 05:12

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

中川ブロードウェイ NAKAGAWA BROADWAY

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめヲタ水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
2 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
7 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
8 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 上西議員と佳子さまのメイクが同じ!?
11 小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
12 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
13 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
15 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
18 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
19 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
20 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄