中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakagawashouko_01_141004.jpg
中川翔子オフィシャルブログ「しょこたんぶろぐ」より


 ネット上での中川翔子へのバッシングが、なかなかおさまらずにいる。テレビには元気そうに出演しているので「なにをバッシングされているの?」と不思議に思う人も多いかもしれないが、ネット上ではすでに1カ月半にわたって批判が巻き起こりつづけているのだ。

 ことの発端は、8月14日に中川がTwitterでつぶやいたひと言だった。

「保健所に連れて行くなっ」。──これは、4匹の捨て猫を飼ってくれる人を探していた女子大学生が、2匹の里親を見つけることができず、やむなく保健所に連れて行ったことをTwitter上で報告したことに対して、中川が反応したつぶやきだった。中川はすぐに「言葉遣いが悪かったです申し訳ない。が、保健所に連れて行くとガスで殺処分されるんです。」と、言い方がきつすぎたことへの謝罪と、猫が殺処分されないための保護活動の必要性を訴えた。だが、フォロワーが35万人超える影響力をもつ中川が“一般人を晒した”ことに対する批判は止むことがなかった。

 しかも、この“猫問題”をきっかけに中川への追及は拡大。ネット民たちの“調査”により、中川が猫の保護を訴える一方で、自身のブランド「mmts」で過去にリアルファー製品を取り扱っていたという疑惑がもちあがったのだ。なかには中川が以前、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』でヒロインの声優をつとめ、「mmts」でもコラボ商品を展開していたことから、毛皮製品を取り扱わない方針を打ち出しているディズニーに“凸る”(突撃する)人まで登場。『塔の上の〜』のAmazonレビュー欄も大荒れする事態にまで発展した。

 さらに、騒動は“猫問題”とは関係のない話にまで波及する。2013年3月に、日本赤十字社のWebサイトで中川が献血に挑戦するレポートが掲載されたのだが、献血してはいけない条件のひとつである「ヒト由来のプラセンタ注射薬」を中川が受けていたことを指摘する声があがったのだ。

 たしかに、11年8月3日のブログで、「メガビタミンプラセンタ点滴というのをやってきました、めちゃめちゃにんにくスメルがする、かなりキクとのうわさ!(中略)しかし胎盤を注入するってなんかすごかりしだな(゜∀゜)」と綴っており、しかもこの文章が後に削除されていたことから、ネット民は日本赤十字社に突撃を開始。よほど問い合わせが多かったのか、日本赤十字社はついにHPで『キャンペーン起用タレントの「ヒト由来プラセンタ製剤」の使用について』という報告を行い、『同氏が所属する事務所及び本人に調査を依頼し、献血をお断りしている「ヒト由来プラセンタ製剤」は使用したことはない旨の回答をいただいております』と発表するまでにいたった。

 ──このように2度にわたる大炎上が起こった中川。しかも現在は、中川が「不正商品撲滅キャンペーン」のイベントに登場して「コピーを楽しんでいる人は魂や先祖が泣いている。バチが当たりますよ!」と言っていたにもかかわらず、アニメ『Free!』のグッズとして発売されている「岩鳶高校水泳部ジャージ」のニセモノと思しきものを身につけていることをネット民は問題視。さらなる大きな炎上へと発展しそうな状況となっている。

 たしかに“猫問題”に関しては、親身になって里親探しを行っていた一般の女子大生に対して、中川は誤解を招きかねない表現をしてしまったかもしれない。だが、軽率な部分があったとしても、そのほとんどはうっかりミスに等しいものだ。それをここまで吊るし上げるさまは、まさしく“いじめ”と同じ。──この中川の騒動に限らず、ひとつのミスに対して寄ってたかって血祭りにあげる行為はネット上でよく見られるが、炎上というよりも“ネットいじめ”と呼ぶべきものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

中川ブロードウェイ NAKAGAWA BROADWAY

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中川翔子“長期炎上”はネットいじめだ!背後にオタク芸能人への反感ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめヲタ水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
5 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
10 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
13 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
14 ラムダ株隠蔽で菅政権が大嘘の言い訳!パラでも隠蔽可能に
15 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
18 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
19 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
20 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄