山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamashita_01_140918.jpg
クラブ音楽に傾倒? 山Pこと山下智久

 10月には人気少女マンガ『近キョリ恋愛』(みきもと凜/講談社)の実写版映画に出演する、山Pこと山下智久。今年2月には元ジャニーズの赤西仁や関ジャニ∞の錦戸亮らが“所属”する「赤西軍団」とともに六本木で一般人カップルとトラブルとなり、なんとカップルの女性のスマホを奪って逃走するというアイドルらしからぬ行動を起こしたことが「FRIDAY」(講談社)に報じられたが、そんなスキャンダルも華麗にスルー。8月末にはジャニーズとしては異例の“ダンスミュージックのみ”で構成された企画ミニアルバム『遊』を発売した。

 赤西軍団といえば都内クラブでの目撃談は枚挙に暇がない。ただ泥酔して騒ぎたいだけではなく、ほんとうにダンスミュージックが好きでクラブ通いしていた、そんな山Pの言い訳も聞こえてきそうなこのミニアルバム。山下が「流行のEDMを追うのではなく、それとは別の何か新しいものを提示したい」と語るように、結集したミュージシャンは中田ヤスタカや大沢伸一など豪華なメンツなのだが、じつはあの“話題の人”も参加している。それは、中山美穂との不倫騒動ですっかり有名人となった音楽家・渋谷慶一郎だ。

 ある意味、旬なトラブルメーカーである山下と渋谷だが、この2人が「Switch」(スイッチ・パブリッシング)Vol.9で対談。当然のことながらスキャンダルに踏み込むわけでもなく、ただ音楽談義に花を咲かせているのだが、問題は、ここでの山Pの“上から目線”ぶりが目立つことだ。

 まず、山下は、「普段僕はアイドルとしてメインストリームで活動していますけど、ジャニーズの山下智久ということは置いておいて、遊び心に満ちたダンスミュージックの作品を作りたいという気持ちは以前からありました」と宣言。これまでも相対性理論が楽曲提供した「愛、テキサス」や、「原曲レイプだ!」と非難を買った真心ブラザーズのカバー「SUMMER NUDE '13」など、シングル曲でもリスナーが肝を冷やす冒険をしてきた山下ではあるが、どうやら音楽に対してはかなりの主体性をもっているらしい。

 こうした山下の活動を、渋谷は「エッジの立ったいろんな人とコラボレーションしていこうという方向性」と評し、「そのバランス感覚はすごく大切だと思う」と称賛。自分も含めて“エッジの立った人”と評価する渋谷にはこそばゆさを感じるが、山Pはさらなる上をゆくのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

遊(完全生産限定盤)

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自宅療養方針への批判に田村厚労相が唖然反論!「肺炎は入院させる」とゴマカシ
2 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
3 市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
4 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
9 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
10 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
11 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
12 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
13 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
14 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
17 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
18 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
19 東大医師のベストセラーはオカルト
20 安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3自宅療養方針への批判に田村厚労相が唖然反論!「肺炎は入院させる」とゴマカシ
4 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
5「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
6安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄