山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamashita_01_140918.jpg
クラブ音楽に傾倒? 山Pこと山下智久

 10月には人気少女マンガ『近キョリ恋愛』(みきもと凜/講談社)の実写版映画に出演する、山Pこと山下智久。今年2月には元ジャニーズの赤西仁や関ジャニ∞の錦戸亮らが“所属”する「赤西軍団」とともに六本木で一般人カップルとトラブルとなり、なんとカップルの女性のスマホを奪って逃走するというアイドルらしからぬ行動を起こしたことが「FRIDAY」(講談社)に報じられたが、そんなスキャンダルも華麗にスルー。8月末にはジャニーズとしては異例の“ダンスミュージックのみ”で構成された企画ミニアルバム『遊』を発売した。

 赤西軍団といえば都内クラブでの目撃談は枚挙に暇がない。ただ泥酔して騒ぎたいだけではなく、ほんとうにダンスミュージックが好きでクラブ通いしていた、そんな山Pの言い訳も聞こえてきそうなこのミニアルバム。山下が「流行のEDMを追うのではなく、それとは別の何か新しいものを提示したい」と語るように、結集したミュージシャンは中田ヤスタカや大沢伸一など豪華なメンツなのだが、じつはあの“話題の人”も参加している。それは、中山美穂との不倫騒動ですっかり有名人となった音楽家・渋谷慶一郎だ。

 ある意味、旬なトラブルメーカーである山下と渋谷だが、この2人が「Switch」(スイッチ・パブリッシング)Vol.9で対談。当然のことながらスキャンダルに踏み込むわけでもなく、ただ音楽談義に花を咲かせているのだが、問題は、ここでの山Pの“上から目線”ぶりが目立つことだ。

 まず、山下は、「普段僕はアイドルとしてメインストリームで活動していますけど、ジャニーズの山下智久ということは置いておいて、遊び心に満ちたダンスミュージックの作品を作りたいという気持ちは以前からありました」と宣言。これまでも相対性理論が楽曲提供した「愛、テキサス」や、「原曲レイプだ!」と非難を買った真心ブラザーズのカバー「SUMMER NUDE '13」など、シングル曲でもリスナーが肝を冷やす冒険をしてきた山下ではあるが、どうやら音楽に対してはかなりの主体性をもっているらしい。

 こうした山下の活動を、渋谷は「エッジの立ったいろんな人とコラボレーションしていこうという方向性」と評し、「そのバランス感覚はすごく大切だと思う」と称賛。自分も含めて“エッジの立った人”と評価する渋谷にはこそばゆさを感じるが、山Pはさらなる上をゆくのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

遊(完全生産限定盤)

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

山Pの上から目線がスゴい! 中山美穂のナルシスト彼氏も降参のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
2 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
5 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
6 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
7 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
8 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
9 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
10 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 愛川欽也が「安倍に殺される」と
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
15 松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
16 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
17 産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
18 星田、村本、博士がデモ批判に反論
19 高畑勲監督との別れに宮崎駿監督は…
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
5柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
6かこさとしが安倍を「大本営の戦後版」と痛罵
7NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
8安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
9麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
10安倍応援団「野党の国会放棄」攻撃はスリカエ
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
16「セクハラ罪という罪はない」麻生の暴言という罪
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ