ぶっちゃけインタビュー!

現役グラビアアイドルが「刺される覚悟で描いた」芸能界の裏側とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■整形、AVへのお誘い、そして業界の鬼畜オヤジとの枕営業

 ──作品の中に、芸能界のドンの愛人だったのに、彼氏をマンションに連れ込んだのがバレてAV嬢になったグラドルの話が出てきますが。それって例の……。
「それは絶対言えません。うちの事務所潰れちゃいますよ(笑)。愛人の彼女は芸能界を辞める選択肢もあったと思うけど、でも有名になりたいからもうAVしかないと単純に考えちゃったみたいです。でも1年後は引退してデリヘルで働いている。どんどん落ちて行く」

 ──でもAV女優になっても簡単にメジャーになれるわけじゃないですよね。
「やっぱり飯島愛さんの存在がみんなの頭にあるんです。私も彼女のようになれる! あのポジションにいけると。時代も違うし、さすがに無理だと思うのですが。それとは別に『売れないとAVへ行け』という事務所もあります。ある事務所では売れないグラドルに『2ちゃん』とかの掲示板を見せるんです。そして『お前はどれだけ世間から叩かれていて、どれだけ売れていないか』と責め、『お前はもう脱ぐしかないんだよ』と精神的に追いつめていく。それでAVデビューした子もいます」

 ──そんな簡単に?
「脱ぐという行為はホントに不思議で、最初はメチャ抵抗あるんですけど、やっているうちに『全然オッケー』と脱げるようになっちゃう。鈍感になってマヒしていくんです。着エロやったらAVも同じでしょ?って。男優がいるかいないかだけ。そして抵抗なくAVに出る。慣れは怖いですよ」

 ──グラドルからAVへ、そしてドンの愛人のように風俗へいく子もいる。
「風俗も多いですよね。脱ぐことにストッパーがなくなるので、食べていけなければ手っ取り早く稼げる風俗へと簡単にいけちゃう。でもAVまでいっちゃうと精神的に病む子はホント多い。身体を“ウル”というのは相当タフな子でも病む要素が盛り沢山なんでしょうね。もちろんグラビアでも病む子はいます。水着といってもエロい撮影もありし、業界には変なオヤジが多いし、枕をしたら『私、なんで好きでもないおじさんと寝てるんだろう』と悩んだり」

 ──マジで、グラドルが大変な世界だと分かりました。しかもグラドルの世界は整形もフツーにあるんですよね? 
「お金を持ってる子は結構やっていると思います。グラビアに限らず芸能界全体的ですけどね。グラビアで良く聞くのは事務所でお金を出して整形させるという話です。1年計画でデビューの前から整形させて、デビューまでに完成させるのが主流。マジかよってくらいどんどん別人のようになっていきます。豊胸も多い。本物かニセモノかの見分け方もあります。写真は加工できますが、DVDは修正が利かない。だから動画で手を挙げる仕草のないグラドルは基本的に入れているんじゃないかな。脇の傷をみせないようにね。まあ、入れていてもいいと思いますけどね」

 ──最後にあさのさんは実際に枕とかした経験はあるんですか?
「私はかたくなにヤリません。正直そういう機会は一杯ありましたけど、プライドとして、好きじゃないキモいおっさんとヤルなんて嫌だし、枕をして幸せになった仲間を見たことがないからヤリません」

 ──でも作品には200万円で愛人にならないかと言われたエピソードが。
「グラドルになって初めて愛人にと言われたのが月200万円! マジ、お金を積まれちゃった! と思いましたが、一般人の友達に『何言ってるの!?』と怒られて目が覚めました。相手は業界では有名人です(笑)」

 ──あさのさんのお話を聞いていると業界の男って鬼畜ばっかりですね。
「鬼畜だらけです。ホントに。だから日々戦いです。お酒が強くなったのもそのせいかもしれません。弱かったら乗り切れない。今頃オッサンとヤッてたかも(笑)。今は経験を積んで引き際とか学びましたが若い頃は分からなかったですからね。でもグラドルを辞めようとは思わなかった。作家として、この世界を面白がって、そして描いている部分もある。今は漫画家とグラドルの両輪だけど、いつかは漫画家、作家としてやっていければなと思っています」

 現役グラドルの怒濤の激白。あっぱれです!
(林グンマ)

最終更新:2018.10.25 12:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!? 三十路グラドルのつぶやき

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

現役グラビアアイドルが「刺される覚悟で描いた」芸能界の裏側とは!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビュー林グンマ漫画家裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
2 駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
3 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
16 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
17 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
18 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄