ぶっちゃけインタビュー!

現役グラビアアイドルが「刺される覚悟で描いた」芸能界の裏側とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

■収入は月2、3万円! 裏営業に精をだすグラドルたち

 ──最初に聞きたいんですが、マンガに描いてある事って本当なんですか?
「もちろんです! 噂とかではなく私の実体験で、全て実話です」

 ──ってことは……芸能界からの反響というか、大丈夫ですか?
「刺される覚悟で描いてます。芸能界から抹殺されても仕方ないかなと。その時はその時で(笑)。私みたいなちっぽけなグラドル、いちいち殺したり姦したりしないだろう、と。でも本当にヤバいと思ったこともあります。雑誌連載中に業界の偉い人に『ふざけんじゃないぞ』と警告されたことがあって。その時は『やべー』と思い、刺される覚悟で一緒に飲みに行ったんです。そこで『描いていいですか?』とお伺いをたてて、実際にそのエピソードも本に描いちゃいました」

 ──すごい根性ですね。
「でも本当に心から信用している仲間や人は描かないし、ウらない。『こんな奴は描かれて当然』と思ってる人を、私のフィルターを通して描いるだけなんです。枕(営業)をやったり愛人を囲っているおっさんは絶滅していいと思ってるので(笑)。枕は日常茶飯事レベルでありますしね。仕事が欲しいという面もありますが、基本的にグラドルはお金がない子が多い。それでスポンサーとして“パパ”になってくれるだけで有り難いと思う。いい部屋に住まわせてくれるパパがいるだけですごく助かる。30万円のマンションを借りてもらって、お小遣いをもらって、パパが気分でヤリにくるみたいな。枕の相場は一晩で20万円という感じです」

 ──グラドルってそんなに金銭的に大変なんですか? 
「底辺だとギャラは月2、3万円が普通です。撮影会を週4回やって合計で2、3万。週刊誌の雑誌のグラビアは基本ノーギャラだし、出れるのはほんの一握り。DVDは買い取りで5万。テレビなんか5千円で交通費も出ない。だからキャバ嬢のバイトをやったり、愛人をして食いつなぐんです。でもみんなテレビに出てタレントになりたい、有名になりたいと必死なんです。本当はかわいい子は何もしなくても売れるんですけどね」

 ──作品には裏営業の話も出てきます。業界人が集まるパーティに行ったり。
「業界人が集まる飲み会やパーティは営業狙いだけでなく、タクシー代狙いで行く。2、3万円はタク代をもらえますから1日に3つ掛け持ちするなんてことも。合計で6万円ゲット(笑)。誘われればパーティとかは絶対行きますよ。だからグラドルは自然と酒豪にもなる(笑)」

 ──いやー。大変な世界なんですね。でも業界人男ってすごい肉食系でびっくり。
「肉食オヤジはホント業界全体で多いですよ。でも一番最悪なのが下請けの制作会社の社長さん。やりたい放題ですもん。色が黒くて、胸元を開けて、手首にじゃらじゃら何か付けてて、ザ・業界オヤジ。気持ち悪いっすね。しかもアラフィフが100%近い。当然妻帯者で、そういう人に限って子どもの写メを待ち受けにしていたりする。クソですね」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能界の裏側ぶっちゃけていいスか!? 三十路グラドルのつぶやき

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

現役グラビアアイドルが「刺される覚悟で描いた」芸能界の裏側とは!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビュー林グンマ漫画家裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
4 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
5 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
8 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
9 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
11 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
12 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
13 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
14 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
15 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
16 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄