ASKA被告にも役立つ?「媚薬」で合法的キメセクが可能か体験調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 食べ物からたんぱく質を作り出し、筋肉に変えるアナボリック作用を引き起こすエクジソン(別名イソイノコステロン)を含む蟻がいいと聞けば、100g1万1000円で乾燥黒大蟻を取り寄せ、酒に漬けたグロテスクな蟻酒を作って飲んでみる。ちなみに蟻酒や蟻の粉末を飲み続けた著者は「オシッコが透明に」しかも「力強く出る」ようになり、長年悩まされた腰痛が治ったという。
 
 有名な植物系にも挑戦しており、「マカ」「ガラナ」の成分は「人によって効く人もいるだろうというレベル」と分析した上で、ソロモン諸島に自生する「スカイフルーツ」を個人輸入し、タイ原産の絶倫植物「ソフォン」を調べるために製薬会社を取材して、自分でも服用。ただしこれらはいずれも劇的な効果は見られなかったという。

 ハッキリ言えば、巷で有名な精力剤のほとんどに覚せい剤のような即効性はないのだという。気の持ちようはともかく、化学的に言えば、毎日継続して摂取することで体質が改善されるという、ごく当たり前の効用があるだけだ。中には猛烈に効く薬もあるようだが、たとえば漢方使用をうたう中国産精力剤の多くは、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルを含む“インチキ”で、過剰摂取をすれば命の危険もあるという。

 それでも著者の探求は続く。ヒトフェロモンを使った「フェロモン香水」を使うと急に全身が元気になり、戦いのホルモン・テストステロンが上昇していることを実感。さらにヨーロッパから取り寄せた「次世代の媚薬」と呼ばれる夢の催淫剤点鼻薬「PT・141」をAVの現場に持ち込み、女優男優双方に試してもらうという実験まで行っている(もちろん自分も使用)。ただし結果は、いつもより気持ちよかったという女優に対し、男優や著者には効果はなかったという。

 こうして見ると、どれも「効く時は効くが、効かない時は効かない」というボンヤリとした結果ばかりだが、では果たしてこの世に実効性のある媚薬は存在するのか。大学時代には合法的にトリップする方法を模索してコディンやエフェドリンを含む咳止め薬・ブロンを飲み、ピーマンを吸い、ナツメグで泣くほど吐き、また、インド旅行では大麻をキメまくった経験も持つ著者は、長い探求の果てにこう結論を出している。

「媚薬はあるといえばあるし、ないといえばない。煮え切らないのは、それが違法だからだ」

 2000年代に入ってから麻薬の代替品として大流行したトリプタミン系の合法ドラッグや、ロータスやバカバなどのハーブをベースに人工カンナビノイドを合成した合法ハーブの効き目は平均的なマリファナに匹敵するそうだが、現在、これらも「危険ドラッグ」として規制を受ける方向にある。

 つまり媚薬は、現時点ではまだまだファンタジーと法律の外の世界にしか存在しないということのようである。
(時田章弘)

最終更新:2014.08.28 06:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ASKA被告にも役立つ?「媚薬」で合法的キメセクが可能か体験調査!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ愛人時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄