ASKA被告にも役立つ?「媚薬」で合法的キメセクが可能か体験調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
biyaku_01_140828.jpg
『媚薬の検証』(データ・ハウス)

 覚せい剤取締法違反で逮捕されたASKA被告の初公判が開かれ、起訴内容を認めたASKA被告に対し、検察は懲役3年を求めた。だが、オヤジ系メディアがこぞって注目しているのは、むしろ、愛人・栩内香澄美被告の公判だろう。栩内被告が無罪を主張していることもちろんだが、もうひとつ、56歳にして愛人と「ギンギンでビンビン」のセックスを繰り返していたASKAの「キメセク」の実態に興味津々だからだ。

 体力・精力が衰えてきたオヤジたちにとって、どうやら「キメセク」は憧れらしい。とはいえ、覚せい剤の使用は法律違反。一般人が真似することは不可能なのだが、考えてみれば、世間には合法的に「絶倫」や「快感」を得ることができるという触れ込みの薬が山ほど存在している。世に言う「媚薬」である。ひょっとしたら、我々も法律を犯さない範囲でASKAのように「キメセク」をする方法があるのではないか?

 そんな疑問に答えてくれるのが『媚薬の検証』(川口友万/データ・ハウス)。サイエンスライターで、あの「と学会」の会員でもある著者は、「性欲は男の人生なのである」「性欲のない人生なんて、想像もできない」と断言し、そのうえで精力にまつわるさまざまな薬の効用を大真面目に調査・研究している。ちなみに著者は「精力剤」も「媚薬」も、お互いを補完しあう存在だとして特に区別はしていない。

 その“人体実験”は、なかなかに壮絶だ。サソリの唐揚げから始まり、マムシ酒、蟻酒、ニンニク、朝鮮人参と、定番の精力剤とされる食材を片っ端から試していくのだが、漢方や専門料理店をめぐり、漢方店や製薬会社を取材し、専門業者やインターネットを通じて実物を手に入れ、すべて自分の身体で試したという「体当たりデータ」に加え、含まれている成分やその効用といった論理的・化学的な根拠もしっかりと示されており、説得力は抜群だ。

 ネット通販で大量のサソリを取り寄せ、油で揚げてバリバリと食べてみるが、一日2匹を2、3日程度食べたくらいでは即効性がないことにガッカリ。ウナギの200倍の効力といわれるマムシ酒を追っていくうちに、黒焼きと蒸焼きの効能の違いを知り、プラシーボとは思えない「蛇とスッポンは効く」「シマヘビの血を飲んだら一発ですよ」といった証言に納得。伝説のAV監督・村西とおる氏がプロデュースした「ナイ酢ニンニク『村西とおるが作ったパワー酢ニンニク 朝起ちの素』」を購入するも、あまりのニンニク臭さに断念するといった失敗も重ねながら、検証は続いてゆく。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ASKA被告にも役立つ?「媚薬」で合法的キメセクが可能か体験調査!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ愛人時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
11 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
12 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
15 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄