催奇形性成分、死に至る場合も!? 効かないサプリ、体に悪い健康食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このほか「ビタミンE」は「サプリとして過剰摂取すると死亡率が高まるとの報告も出され、注意が必要」。「ビタミンB群」も「オーストラリアで1日50ミリグラム以上のビタミンB6を摂取した女性が、足や下腿部に灼熱痛など末梢神経障害になったという報告がある」。「ビタミンD」は「長期間、過剰摂取すると、血液中のカルシウム濃度が上昇して、血管の内壁や心臓、肺、胃、腎臓などの内臓にカルシウムが沈着しやすくなる。とくに腎臓に沈着すると尿毒症になり最終的に死に至る」という。

 また、錠剤にするために多くの食品添加物も使われている。

「一定のかさや質量および形状を保つために、乳糖、結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素などが使われます。他に、着色料、甘味料、香料、保存料などが使われる場合もあります」

 乳糖を消化しにくい人は、お腹がゴロゴロしたり、下痢をするおそれがあり、また、二酸化ケイ素は消化・吸収されないために体への影響はほとんどないとされているが、ガラスの成分だというのだ。わざわざ、体に悪い成分を取り込んでいるというわけだ。

「健康食品・サプリは、効能効果はもとより、品質や安全性についても医薬品のような厳しいハードルがなく、全て業者に任せられている状態です。行政のチェックを受けず業者任せで提供されているのですから、かなり不安ではないでしょうか」

「サプリの原料や添加物などは、格安な中国産を輸入したものが多いようです。(中略)サプリの原料や添加物については、国内に明確な品質基準がないので、製造会社、販売会社を信用するしかないというのが現状です」

「医薬品の成分量はどの会社の商品であっても統一されており、定期的にその薬価が見直されています。それに比べ、サプリの価格はさまざまです。安いものもあれば、法外に高いものもあります。消費者のなかには高いほうが質がよくて効能もよい、と思っている人もいるので、業者はそれを逆手にとって、割高な価格設定がされている場合もある」

 実はサプリの原価率は10%以下と言われている。

「とくにビタミン系で天然物からの抽出ではなく合成したものは、原価率が卸値の10%を超えることがないようです。それはつまり、原価5円のビタミン系サプリがコンビニやドラッグストアに50円で売られ、店頭では100円の価格になっているということ」

 売れれば売れるほど業者はボロ儲け。さらに、その売上の一部は「疲れがとれて元気になれそう」「不足している栄養を補充できそう」「簡単にやせられそう」といった「効く」イメージを演出している巧妙な広告の原資にまわされ、ますますサプリが売れる……というビジネスモデルなのだ。「健康になる」というよりも「カネになる」サプリということか。
(河内保雅)

最終更新:2014.08.15 06:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

病気になるサプリ 危険な健康食品 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

催奇形性成分、死に至る場合も!? 効かないサプリ、体に悪い健康食品のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サプリメント食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
2 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
3 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
4 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
5 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
6 つるの剛士が虎ノ門ニュースに出演
7 菅原文太の安倍批判が一周忌に公開
8 維新の市長候補はたかじん遺言執行人
9 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
10 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
11 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12 中曽根康弘「慰安所つくった」証言と「土人女を集め慰安所開設」文書
13 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
16 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
17 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
18 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
14池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄