催奇形性成分、死に至る場合も!? 効かないサプリ、体に悪い健康食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
supplement_1_140812.jpg
『病気になるサプリ 危険な健康食品』(幻冬舎新書)

 グルコサミン、コラーゲン、ビタミンC……、これらはサプリメント取扱い業者の人気成分のベストスリーだ(日本通信販売協会サプリメント部会の調査による)。サプリなどの健康食品市場の売上は、年1兆8200億円と、いまや市場規模2兆円に迫ろうかという巨大産業。利用者は、主にダイエットやコレステロール値の改善、カルシウムの補給を目的にしており、「年齢が上がるほど複数のサプリメントを利用する割合が増える傾向がある」という(内閣府消費者委員会「消費者の『健康食品』の利用に関する実態調査」2012年)。

 同調査では購入時に重視するポイントとして、「効き目・有効性」を重視する人が約5割ともっとも多いのだが、その効き目はどれくらいのものか。

◯グルコサミン「関節の動きをなめらかにするとして人気ナンバーワンのサプリ」「骨関節炎を軽減させる効果があるとされるが、その効果はないとする研究結果もある」「短期間、適量の摂取は安全だが、過剰に長期間とり続けると血糖値、血圧、血中コレステロールが上昇する」

◯コラーゲン「全身のタンパク質の3割を占める」「飲んでも肌に直行してそのままコラーゲンになるわけではない。塗っても皮膚内部には吸収されず、せいぜい皮膚表面の保湿効果がある程度」

◯ビタミンC「アセロラ、ミカン、パセリなどにふくまれる水溶性のビタミン」「サプリの99%が安価で大量に人工生産される合成品を使用。過剰摂取によるもっとも一般的な症状は、吐き気、下痢、腹痛」「多量摂取したところで、疾病が治癒したり、より健康が増進するものではない」

 なんとその効き目には疑問符がつくどころか、懸念される副作用がたくさん詰め込まれているのがサプリだというのだ。『病気になるサプリ 危険な健康食品』(左巻健男/幻冬舎新書)によれば、そもそも、サプリメントは米国の食品区分の1つである栄養補助食品(ダイエタリー・サプリメント)の訳語。日本におけるサプリの定義はあいまいで、一般には健康食品のうち、錠剤やカプセル、顆粒状のものを指すことが多い。

 同書によれば、「世間には、『健康食品・サプリは薬ではなく食品だから安全』というイメージが浸透しているようですが、実際には数多くの健康障害報告があります」「サプリは、錠剤やカプセルの形になっていることが多いので、簡単に過剰摂取することが可能です。カルシウムやビタミンDなど、過剰摂取による健康被害をもたらすサプリは少なくありません。しかも、乳幼児、高齢者、妊婦、授乳婦、肝機能や腎機能が低下している人たちの場合、通常量のサプリであっても問題が起こる可能性があります。たとえば、ビタミンAは、妊娠初期に過剰摂取すると催奇形性(奇形を生じさせる性質)があるといわれていますが、どれくらいの人がこのことを知っているでしょうか。これらの警告はサプリには表示されていません」というのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

病気になるサプリ 危険な健康食品 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

催奇形性成分、死に至る場合も!? 効かないサプリ、体に悪い健康食品のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サプリメント食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
17 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
20 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄