長渕剛が「an・an」インタビューを改ざん!? 聞き手の吉田豪に直撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

――どんな修正が?
「う〜ん。修正というか、長渕さんの発言部分は全面的に書き直してきた。インタビュー自体が意味がないくらいに(笑)。おそらく僕の書いた内容は彼が求めるテイストと違ったんでしょう。長渕イズムと僕の書いたものにズレがあったのかと思います」

――記事もかなりピリピリしていた感じでしたが、実際の現場はもっとハードだった?
「いや、逆です。掲載されたインタビューはピリピリしているように読めますが、実際の現場は和やかだった。和やかなインタビューをピリピリした感じに直してきたという。編集的には長渕さんの“お茶目”で“かわいい部分”を出したかったのですが、それは長渕的でなかったんでしょうね」

――じゃあ、吉田さんが長渕に説教されていたりするのも……。
「『君なんかも、本気でやんなくっちゃダメだよ』『インタビューも本気でかかってこないとね(笑)』というクダリも、実際のインタビューでは話されていないですね」

――原稿を直されて、吉田さんは不満じゃなかったんですか。
「全然。僕的には原稿の直しも含め、満足しています。すごい面白かったしね。撮影スタジオに自宅からトレーニングマシーンを持ち込んで、僕も大ファンだった妻の志穂美悦子さんと娘さんまで同席していて、大きな犬もいて。しかも撮影アドバイザーとしてなぜかモデルの冨永愛さんが来ている。そんな中でトレーニングをしながら、『今日の腹筋はハリがないから撮影できるレベルじゃない!』と話す長渕さんを、関係者が30分も見守る。そんな光景はなかなか見れるものじゃない。テンションあがりましたよ」

――でも、後だしじゃんけん的な感じもしますが。
「長渕さんは『さんまのまんま』に出演した時に、ここをカットしてここを使えというために、編集室にまで乗り込んだことがあったらしいですから、インタビューを直すのも当然ということなんでしょう。何でも『死ぬ気』で『本気』なんです。しかも僕の発言部分は一切手をいれてこなかった。そのへんのルールもきちんと守っていた。原稿の直しにしても彼は『死ぬ気』でやったんでしょう。そういう意味でもすべて満足です」

 和やかなインタビューを逆に怖くしていたというのはびっくりだが、たしかに、吉田が語っているように、その取材の経緯はまさに長渕らしい。たかだか見開き2ページのインタビューにここまでこだわる本気ぶりは、ある意味「殺す!」「死ぬ気」などの言葉が踊っている「an・an」の原稿以上にコワいといってもいいかもしれない。

 しかも、吉田からは意外なエピソードも聞いた。先に「an・an」の記事に「(笑)」がやたら出てくると書いたが、実はこれもすべて長渕が書き込んできたものらしいのだ。長渕は“カッコ笑い”が大好きだった。これまた、なんかコワい。
(伊勢崎馨)

最終更新:2014.08.03 11:19

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

長渕剛が「an・an」インタビューを改ざん!? 聞き手の吉田豪に直撃のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
4 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
6 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
7 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
8 吉本に続き読売新聞が大阪府と包括連携協定締結、完全に吉村知事の奴隷に!
9 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 参院選・極右候補者ウヨミシュラン(後)
12 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
13 御用ジャーナリスト大賞(前編)10位〜6位発表!
14 御用ジャーナリスト大賞(後編)5位〜1位発表!
15 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
18 X JAPAN、TAIJIの死の謎
19 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2米軍のせいで沖縄1400人超の感染爆発でも岸田首相は「原因の断定難しい」
3NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
6ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
7年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
8国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄