イケメンが大量発生しているのはなぜか?「イケメン学」なる学問まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ikemen_140803.jpg
「ユリイカ」2014年9月増刊号「イケメン・スタディーズ」(青土社)

 芸術総合誌「ユリイカ」(青土社)が9月臨時増刊号として発売した、「イケメン・スタディーズ」が早くも話題となっている。

 2000年前後から使われるようになった「イケメン」という言葉だが、いまや「イケメンシェフ」や「イケメンアスリート」というように「美男子/美形」よりも気軽に使われることや、「性格イケメン」というように単に美醜を表す言葉ではなくなってきたことから、「イケメンのインフレ」が起こり、定義することすら難しくなってきた。今号の「ユリイカ」では、そのような現状を踏まえ、イケメンという概念を捉え直したり、文学やポップカルチャーとイケメンのかかわり方の変遷を追ったりと、多角的に「イケメン」を論じている。

 しかし、なぜ今イケメンを取り上げる必要があるのか。ジェンダー・セクシュアリティ研究者の前川直哉氏による「イケメン学の幕ひらくとき 『社会のイケメン化』をめぐる現代史」から、その理由を考察してみよう。

 心理学者の渡辺恒夫氏がかつて著書で記したとおり、近代以降、男性は長らく「美も感性もはぎとられた灰色の産業ロボット」として、色味のないスーツを着て、社会の中で経済的・文化的・政治的役割を担うことが求められてきた。美醜の眼差しを受けるのは常に女性であり、「男性が外見に気を遣うこと、装いに手間ひまをかけることは、明確に『男らしくない』行為だとみなされてきた」という。

「多くの男性が自らも『見られる客体』であることを意識しはじめ、装う快楽を手にするようになっていった」というのが80年代後半。「MEN’S NON-NO」や「FINEBOYS」が創刊され、男性用化粧品が発売されるようになり、女性たちの投票によってファイナリストが決まる「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」が始まったのだ。この背景には、男性を中心とした肉体労働が重視されなくなり「男らしさ」の像が変化したこと、男性向け基礎化粧品やエステといった新規顧客開拓が必要となったという経済的な側面も理由として挙げられているが、前川氏が注視しているのは男子中高生の動きだ。

 前川氏いわく、「日本社会の『イケメン化』は80年代後半を一つの画期とし、90年代後半のストリートファッション誌創刊ラッシュと『東京ストリートニュース!』誌などの『スーパー高校生』ブームを通じて、中高生より低い年齢層にも浸透していった」という。そしてこの時期は、中高生が勉強しなくなっていく時期と重なっているというのだ。それは、「中高生のときにガマンして勉強していい大学に入れば、いい会社に就職し、いい暮らしができる」という神話の崩壊、つまり経済不況が原因のひとつだと指摘している。またスクールカーストという学生ならではの序列が、若年層のイケメン化に拍車をかけたという見方を示している。

 90年代後半に中高生だった男性は、現在は30代。働き盛りであり、夫や父親になる年齢でもある。しかし同時に、女性が結婚・出産をしても働き続けるといった多様化についていけない層でもある。今まで社会や親に教えられてきた「男らしさ」の基盤が、不況や社会変化で揺らぎ始めたことも要因だろう。だからこそ、いま研究が求められるのは男性学、そしてイケメン学なのではないだろうか。イケメン学というと軽いイメージがあるかもしれないが、実は「男女ともに生きやすい社会を作る、ひとつの手立て」という意味もはらんでおり、決して軽視すべき事象ではないはずだ。
(江崎理生)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ユリイカ 2014年9月 臨時増刊号 総特集◎イケメン・スタディーズ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

イケメンが大量発生しているのはなぜか?「イケメン学」なる学問までのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
2 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
3 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
4 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
5 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
6 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
7 DA PUMPがEXILEに挑戦状
8 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
9 つんく♂が秋元のメンバー差別に
10 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
11 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
14 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!!
17 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
18 戦争専門家が集団的自衛権の嘘を指摘
19 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
20 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
12外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
14沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
15安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄