江原啓之が激やせ! 霊能力のせいで太ってるといっていたのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ehara_01_140723.jpg
「もう迷わない!江原啓之がみちびく 理想の最期」(「婦人公論」2011年4月15日号別冊 /中央公論新社)

 オーラ、守護霊、前世……。そんな言葉とともにもてはやされたスピリチュアル・ブームだが、最近ではすっかり下火になっているようだ。特にその中心人物でスピリチュアルカウンセラーの江原啓之はほとんどメディアで見かけることがなくなってしまった……と思っていたら、その江原が「女性自身」(光文社)7月8日号に登場した。〈2014年上半期のニュースに見る日本の危機〉〈日本人の心は壊れ続けている!〉と題する記事で、STAP細胞ねつ造疑惑やゴーストライター騒動、『美味しんぼ』の福島鼻血表現問題などについて語ったのだ。

 だが、久しぶりに江原啓之をみて驚いたのは、その外見だ。なにしろ、以前とはまるで別人のように“激やせ”していたのである。

 江原といえば、パンパンに張った顔に二重あご、でっぷりと突き出したお腹など、力士のような肥満体型で知られていたはず。学生時代は体重が130キロもあったといい、回転寿司に行ってひとりで50皿食べたという武勇伝も語られていた。それが今は痩せすぎで老けこんでみえるくらいになっているのだ。

 いったい江原に何があったのか。その姿を見て心配になったのが、他でもない氏の霊能力との関係だ。実は江原は以前、自分が太っている理由を「“憑霊体質”の霊能師だから」と説明し、〈お腹の空いた未浄化の霊が霊感体質の人間に憑依して、(自分が)その霊の食欲の分までも食べてしまう〉などと言っていた。あるときは〈天ぷら好きの霊に憑かれて、毎日天ぷらばかり食べていた〉ともいい、森公美子などの太ったタレントと共演すれば「自分と同じ霊感体質だ」と強調してもいた。

 とすると、激痩せした今、その肥満の原因だった霊能力は大丈夫なのか……。実際、「女性自身」の記事を読んでいても、スピリチュアルカウンセラーっぽいキーワードは全然出てこない。佐村河内事件やSTAP細胞騒動などについて語る場合、以前の江原なら小保方晴子さんや佐村河内守氏を“霊視”し、前世や守護霊について言及していたはず。しかし、記事をみると、STAP細胞騒動では〈一個人を取り上げ、バラエティ番組でパロディに仕立てて面白がる。それを笑える世間もおかしい〉とテレビや世間を批判し、『美味しんぼ』の問題でも〈もし福島の人が「迷惑だ」と言うなら、外からよけいなことを言わないほうがいい〉などと普通の意見を言うだけで、前世や守護霊にはまったく触れようとしないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あなたは「死に方」を決めている

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

江原啓之が激やせ! 霊能力のせいで太ってるといっていたのに…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアル江原啓之激やせの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
2 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
6 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
7 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
8 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 ネトウヨ落語家・桂春蝶が不倫相手にDV
11 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
12 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
14 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15 セカオワSaoriの壮絶いじめ体験
16 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
17 自民党がネトサポに他党叩きを指南
18 不倫?谷亮子の意外な肉食遍歴
19 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
20 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
5菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
8五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
18NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄