鈴木明子、ベッカム「摂食障害」「強迫性障害」に悩むアスリート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
suzukitomoko_01_140705.jpg
『トップアスリート 天使と悪魔の心理学』(東邦出版)

 3月末に現役引退したフィギュアスケーターの鈴木明子。彼女が『私の何がイケないの?』(TBS)で摂食障害に苦しんだ過去を語り話題を呼んだが、「婦人公論」6/22号(中央公論新社)のインタビューでも、そのときの苦しみに言及している。

 鈴木によれば、摂食障害になったのは東北福祉大学に進学し一人暮らしを始めた直後。女性のフィギュアスケート選手は思春期に体型変化で苦しむことが多いが、鈴木の場合は母親がしっかりと食事管理を行っていた。だからこそ、「実家から離れたからダメになった」と思われたくなくて、だんだんと食事がとれなくなっていったという。その結果、1カ月半で10キロも体重が落ち、「最終的には32キロ」にまで減少。身長161センチの鈴木は「まるで幽霊のようにガリガリだったのです」と振り返っている。

「生活のすべてを完璧にコントロールしなければ」──鈴木のこの言葉にも表れているように、一般人以上にアスリートにはさまざまな重荷がのしかかる。そうした心理状態の危うさを指摘しているのが、『トップアスリート 天使と悪魔の心理学』(ポール・ゴーガティ、イアン・ウィリアムソン著、影山みほ翻訳/東邦出版)だ。

 たとえば、イングランドを代表する元サッカー選手デイビッド・ベッカムは、2006年に強迫性障害であることをカミングアウト。「ペプシの缶を冷蔵庫に入れるけど、1本余計にあると別の棚に入れる」と語り、妻であるビクトリアも「ダイエット・コークが3本あったら、1本は捨ててしまうの。(中略)偶数じゃなきゃ、いけないのよ」と話している。

 同じイングランドで、強迫性障害である元ラグビー選手ジョニー・ウィルキンソンの場合は、さらに壮絶だ。スタープレイヤーであり、映画スターのようなルックスだったウィルキンソンは絶大な人気を誇ったが、派手な格好をすることも自惚れることもなかった。彼の1日は、まず「卵の白身を8個分」を食べ、その後は“体が自分に対して悲鳴をあげ、このままだと病気になると感じる”までキックの練習を続ける。そしてチキン・フィレ13個を食し、夜は静かに眠るだけ。──謙虚で禁欲的で、監督がボールを彼の前では隠していたというエピソードがあるほど、異常なまでのトレーニングを自分に課すのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トップアスリート 天使と悪魔の心理学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

鈴木明子、ベッカム「摂食障害」「強迫性障害」に悩むアスリートのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アスリートサッカー摂食障害の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
2 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
3 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
4 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
5 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
7 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
8 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 『NEWS23』星浩は集団的自衛権容認派
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
19 林真理子がなんとキムタク批判!
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄