鈴木明子、ベッカム「摂食障害」「強迫性障害」に悩むアスリート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
suzukitomoko_01_140705.jpg
『トップアスリート 天使と悪魔の心理学』(東邦出版)

 3月末に現役引退したフィギュアスケーターの鈴木明子。彼女が『私の何がイケないの?』(TBS)で摂食障害に苦しんだ過去を語り話題を呼んだが、「婦人公論」6/22号(中央公論新社)のインタビューでも、そのときの苦しみに言及している。

 鈴木によれば、摂食障害になったのは東北福祉大学に進学し一人暮らしを始めた直後。女性のフィギュアスケート選手は思春期に体型変化で苦しむことが多いが、鈴木の場合は母親がしっかりと食事管理を行っていた。だからこそ、「実家から離れたからダメになった」と思われたくなくて、だんだんと食事がとれなくなっていったという。その結果、1カ月半で10キロも体重が落ち、「最終的には32キロ」にまで減少。身長161センチの鈴木は「まるで幽霊のようにガリガリだったのです」と振り返っている。

「生活のすべてを完璧にコントロールしなければ」──鈴木のこの言葉にも表れているように、一般人以上にアスリートにはさまざまな重荷がのしかかる。そうした心理状態の危うさを指摘しているのが、『トップアスリート 天使と悪魔の心理学』(ポール・ゴーガティ、イアン・ウィリアムソン著、影山みほ翻訳/東邦出版)だ。

 たとえば、イングランドを代表する元サッカー選手デイビッド・ベッカムは、2006年に強迫性障害であることをカミングアウト。「ペプシの缶を冷蔵庫に入れるけど、1本余計にあると別の棚に入れる」と語り、妻であるビクトリアも「ダイエット・コークが3本あったら、1本は捨ててしまうの。(中略)偶数じゃなきゃ、いけないのよ」と話している。

 同じイングランドで、強迫性障害である元ラグビー選手ジョニー・ウィルキンソンの場合は、さらに壮絶だ。スタープレイヤーであり、映画スターのようなルックスだったウィルキンソンは絶大な人気を誇ったが、派手な格好をすることも自惚れることもなかった。彼の1日は、まず「卵の白身を8個分」を食べ、その後は“体が自分に対して悲鳴をあげ、このままだと病気になると感じる”までキックの練習を続ける。そしてチキン・フィレ13個を食し、夜は静かに眠るだけ。──謙虚で禁欲的で、監督がボールを彼の前では隠していたというエピソードがあるほど、異常なまでのトレーニングを自分に課すのだ。

 ある意味、アスリートに求められる最上のストイックさを実践しているかのようだが、彼の苦悩は深い。というのも、たとえW杯で優勝に導いたキックを決めても、「それほどよくなかった、むしろうまくいかなかったキックだ」と考え、優勝しても「わずかに喜んだだけ」。この世に本質的な完璧など存在しないが、完璧を求める強迫観念に取り憑かれたウィルキンソンに、それは通用しない。その苦悩は想像を絶するものなのだろう。彼は言う。「僕の問題は、もっとうまくやれたんじゃないかと常に考えることだ。(中略)でも、それしか方法がないんだ。僕がラグビーを、そして人生そのものを続けるには」。

 本書で紹介されている“正気を求めて闘う:サッカーと絶望と強迫性障害”という記事では、強迫性障害は「16歳で学業を離れた人たちの間でよく見られる」とある。若くして地元を離れ、より高度なトレーニングを受けるために家を出る少年・少女は多い。もちろん、それだけが原因ではないだろうが、摂食障害に苦しんだ鈴木明子も「「パーフェクトな自分でいないとお母さんや周りの人に嫌われちゃう」と思い込んでいました」と話しているように、幼くして自己との闘いを迫られるアスリートを目指す子どもには、親の理想や価値観を押しつけず、まわりの大人が子の気持ちをよく理解してあげられる環境づくりが大切なのだろう。
(田岡 尼)

最終更新:2014.07.05 11:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

トップアスリート 天使と悪魔の心理学

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

鈴木明子、ベッカム「摂食障害」「強迫性障害」に悩むアスリートのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アスリートサッカー摂食障害の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
2 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
3 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
20 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
15 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄