羽生結弦がマスコミ批判、アンチの攻撃に傷ついた過去を吐露! オーサーコーチも平昌五輪に悪影響と警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanyu_01_141227.jpg
『チーム・ブライアン』(講談社)

 世界歴代最高得点を大幅更新、グランプリファイナル3連覇に続き、全日本選手権の4連覇も果たした、フィギュアスケートの羽生結弦。この快進撃に「絶対王者」「神」などの称賛の声があふれ、雑誌「an・an」(マガジンハウス)の表紙を飾ったり、大晦日のNHK紅白歌合戦の審査員にも決まるなど、連日メディアに引っぱりだこだ。

 このフィーバーぶりを羽生自身はどう受けているのだろうか。

 12月15日生出演した『報道ステーション』(テレビ朝日)でも、古舘伊知郎から世間やマスコミの移り気な対応を感じることはないかと問われた際、こんなふうに答えている。

「ソチオリンピック後、昨シーズンは怪我などもあり、思ったような成績が取れなかった。最初に成績が取れなかった時ほど大きく取り上げられて、その後にサッといなくなる感じが、すごく虚しいというか。まあ、それはそれで安心する部分もちょっとあったりとかするんですけど。その、練習に打ち込めるっていうのもあるんですけど。『もっとがんばらなくてはいけないな』と感じる部分はすごくありました」

 また、マスコミのフィーバーと比例するように、盛り上がるのがネットでの毀誉褒貶だ。本サイトでも先日考察したが、フィギュアファン=スケオタ同士が激しい論争を繰り広げたり、選手のアンチスレッドに盛んに書き込みが行われたりと、自分の好きなファンを応援するにとどまらず、ライバル選手を執拗に攻撃するケースがしばしばある。とくに引退した高橋大輔ファンと羽生ファンのあいだには確執があったといわれてきた。

 そうしたアンチの非難に対する思いについても、12月26日のスポーツニッポンで羽生は打ち明けている。3年前の全日本選手権で初優勝したときの苦い思い出だ。このとき、高橋大輔がフリーでは1位の素晴らしい演技を披露し、羽生は前日のショートプログラムで稼いだ得点で逃げ切った形での優勝だった。そのため「会場の雰囲気が(高橋さんが)優勝という感じで。優勝したけど、その後苦しかった。ノイズというか、日本には賛否両論ある」と。

 ひとつ試合が終わればネット上には選手を讃える言葉以上に、選手への批判や悪口、採点に対する疑問が大量に書き込まれる。そうした試合結果をめぐるファン同士の論争やアンチからの非難は、やはり、選手自身にも届いているようだ。

 このときの羽生の複雑な様子については、コーチであるブライアン・オーサーも著書『チーム・ブライアン』(講談社)のなかで「ユヅル自身がちょっと戸惑い、心の底から喜べていないように見えました」と語っている。そんな羽生に対し「大輔にはカリスマ性があり、性格も良く、ファンが多い。彼を尊敬し、感謝し、その功績をたたえるべき(略)それでも世代交代の瞬間は来るもの」「今後、真のエースになるためには、勝ったことを喜ぶと同時に、先駆者への尊敬を忘れなければいい」と言い聞かせたという。

 そうしたアンチの声について羽生は「フィギュアって本当に好き好きがある競技。会場によっても見え方が全然違うし、見ている方の背景によっても演技が違って見える」と冷静に受け止め、そのうえで「どんな方が見ても“素晴らしい”と思ってもらえる演技がしていければいい」と語っている。

 しかし、こうしたメディアの過熱報道、ネット上の毀誉褒貶に対し、オーサーコーチは以前から強い危惧を語っている。前述した『チーム・ブライアン』によると、実際の競技にも影響してしまうという。

 とくに「見てもらいたい」「期待に応えたい」という気持ちが強い羽生は、メディアやファンの期待に応えようと、常にフルパワーなので力配分ができず、目指す試合にピークを合わせる“ピーキング”がうまくできなかったこともある。

「まだ調子を上げていない大会だというだけなのに、演技がひどいとか、プログラムが悪いとか、4回転サルコウがどうだとか、こと細かに書かれるのです。とりわけ4回転サルコウに注目が集まり、ユヅルに多くのプレッシャーがかかります。6分間ウォーミングアップで失敗すると、ますますユヅルは考えます。「みんなが失敗を見ていた」と。日本はメディアの影響が大きい国です」

 オーサーがこのように語るとおり、いま日本ではフィギュアスケートの知名度と人気が非常に高いため、メディアで扱われることも多く、そのため調整過程のちょっとしたミスや不調もこと細かに報じられる。そしてその度にネットやSNSでもファンのあいだで賛否両論が巻き起こる。

 ちなみにSNSを使用しているフィギュア選手は国内外問わず多いが、オーサーコーチは、羽生ら教え子にはソーシャルメディアの使用をできるだけ避けるようアドバイスしているという。

「(ソーシャルメディアは)自分自身の意見を言いたい人には最高の場所ですが、たいていは人の悪口です。コーチや選手がそれらを読むと、自分に対する一方的な批判とみなしてしまうこともあるでしょう。だからソーシャルメディアの類とかかわらないようにアドバイスするのに加え、もし運悪く目にしても気にしないようにさせています」

 過熱するメディアやSNSの影響は、平昌オリンピックに向けても大きな障害になりかねないと、オーサーコーチは懸念する。

「いまのユヅルは、踏ん張りどころなのです。オリンピック・チャンピオンとして格好いいところを見せたい。そうなると昨年と同じスタイルのままのほうが無難で、ジャンプが安全に決まります。今年や来年に最高の結果を出すには、それでもいいでしょう」

 しかし、平昌オリンピックでの金メダルを考えるなら、それではダメなのだという。失敗や目先の試合結果にとらわれず、無理をしてでも新しい持ち味を探さなければならない、と。

「慣れない雰囲気のプログラムのせいで、ジャンプをミスすることがあるかもしれません。成績を出せない怖さは痛いほどわかりますが、同じスタイルをやり続け、平昌オリンピックのシーズンに「今年も同じようなことをやってるな」と思われるほうが、リスクが高いのです」

 羽生が自らオーサーに「ソチオリンピックのチャンピオンになりたい、その次の韓国でもチャンピオンになりたい」と語ったというが、その夢のためにも、メディアやSNSにふりまわされないことが重要なのだ。

 羽生の過剰なメディア対応を「神対応」などとメディアは盛んに持ち上げているが、平昌五輪に向けて羽生に必要なのはむしろ、フィーバーに対して「別に」というくらいのクールさなのかもしれない。
(島原らん)

最終更新:2015.12.28 08:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

羽生結弦がマスコミ批判、アンチの攻撃に傷ついた過去を吐露! オーサーコーチも平昌五輪に悪影響と警鐘のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フィギュアマスコミ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
2 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
5 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
6 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
7 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 安倍首相にマッチョ批判
11 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
12 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
13 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 ウーマン村本と宇賀なつみのテレビ批判に羽鳥慎一が
16 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
17 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
20 山本太郎を評価せよ!
1 安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
4 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
5 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10 安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12 安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14 安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
15 4人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16 参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
17 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
18 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
19 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
20 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄