羽生結弦がマスコミ批判、アンチの攻撃に傷ついた過去を吐露! オーサーコーチも平昌五輪に悪影響と警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このときの羽生の複雑な様子については、コーチであるブライアン・オーサーも著書『チーム・ブライアン』(講談社)のなかで「ユヅル自身がちょっと戸惑い、心の底から喜べていないように見えました」と語っている。そんな羽生に対し「大輔にはカリスマ性があり、性格も良く、ファンが多い。彼を尊敬し、感謝し、その功績をたたえるべき(略)それでも世代交代の瞬間は来るもの」「今後、真のエースになるためには、勝ったことを喜ぶと同時に、先駆者への尊敬を忘れなければいい」と言い聞かせたという。

 そうしたアンチの声について羽生は「フィギュアって本当に好き好きがある競技。会場によっても見え方が全然違うし、見ている方の背景によっても演技が違って見える」と冷静に受け止め、そのうえで「どんな方が見ても“素晴らしい”と思ってもらえる演技がしていければいい」と語っている。

 しかし、こうしたメディアの過熱報道、ネット上の毀誉褒貶に対し、オーサーコーチは以前から強い危惧を語っている。前述した『チーム・ブライアン』によると、実際の競技にも影響してしまうという。

 とくに「見てもらいたい」「期待に応えたい」という気持ちが強い羽生は、メディアやファンの期待に応えようと、常にフルパワーなので力配分ができず、目指す試合にピークを合わせる“ピーキング”がうまくできなかったこともある。

「まだ調子を上げていない大会だというだけなのに、演技がひどいとか、プログラムが悪いとか、4回転サルコウがどうだとか、こと細かに書かれるのです。とりわけ4回転サルコウに注目が集まり、ユヅルに多くのプレッシャーがかかります。6分間ウォーミングアップで失敗すると、ますますユヅルは考えます。「みんなが失敗を見ていた」と。日本はメディアの影響が大きい国です」

 オーサーがこのように語るとおり、いま日本ではフィギュアスケートの知名度と人気が非常に高いため、メディアで扱われることも多く、そのため調整過程のちょっとしたミスや不調もこと細かに報じられる。そしてその度にネットやSNSでもファンのあいだで賛否両論が巻き起こる。

 ちなみにSNSを使用しているフィギュア選手は国内外問わず多いが、オーサーコーチは、羽生ら教え子にはソーシャルメディアの使用をできるだけ避けるようアドバイスしているという。

「(ソーシャルメディアは)自分自身の意見を言いたい人には最高の場所ですが、たいていは人の悪口です。コーチや選手がそれらを読むと、自分に対する一方的な批判とみなしてしまうこともあるでしょう。だからソーシャルメディアの類とかかわらないようにアドバイスするのに加え、もし運悪く目にしても気にしないようにさせています」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

羽生結弦がマスコミ批判、アンチの攻撃に傷ついた過去を吐露! オーサーコーチも平昌五輪に悪影響と警鐘のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。フィギュアマスコミ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
2 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
3 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
4 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
5 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
6 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
7 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
10 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
11 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
12 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
13 DA PUMPがEXILEに挑戦状
14 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
15 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
16 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17 百田尚樹の「改憲PR映画」がトンデモ!
18 つんく♂が秋元のメンバー差別に
19 柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
20 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
5安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
6早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
7産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
8 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
9日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
10沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
11 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
12外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
14三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
15三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
16直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
17“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
18松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
19自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
20百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄