“錦織はゆとり”? ナイナイ岡村「ゆとり教育でアホが増えた」は本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nishigori_01_140909.jpg
錦織圭の大健闘の裏でナイナイ岡村が“ゆとり”批判?(「プロテニスプレイヤー 錦織圭 公式サイト」より)


 錦織圭、あと一歩で頂点に及ばず──それでも、錦織の全米オープン決勝進出は、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。そんなお祭りムードのなか、ナインティナイン・岡村隆史が放った発言が炎上している。

「ゆとり教育でアホが増えたぶん、スポーツでガンッていく人が出たのかなと思います。勉強したほうがええやろと思ってましたけど、早いうちに世界に目を向けてると、そんな結果出んねんなあ」

 岡村がこう発言したのは、7日に行われたフジテレビの特番会見でのこと。錦織の歴史的な活躍を問われ、なぜかゆとり教育批判をはじめたのだ。当然、ネット上には「努力してこそ得られた結果をよくこんなこと言えるなぁ…」「ゆとり教育のおかげじゃなくて頑張ってきたからでしょ」と岡村への反発が溢れかえり、「老害化」と切り捨てられてしまった。

 しかし、岡村と同じように、なにかあると「ゆとりのせい」と言い出す人は多い。今年6月に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でもマナー講師の平林都が、ゆとり世代のネット依存体質を理由に「ゆとり世代の人は好きじゃない」と断言。2月放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でも「会社のゆとり世代対策ランキング」が紹介され、その内容が「ゆとりに対するネガキャンだ」としてネット上で物議を醸した。

 こうした“ゆとりバッシング”に猛然と怒りを露わにするのが、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹。世間のゆとり教育批判に「尾木ママ何か恐ろしささえ感じます!!」とブログでも主張する、ゆとり擁護の急先鋒だ。

 岡村は「ゆとりでアホが増えたぶん」スポーツ界で活躍する人が増えたと分析したようだが、尾木ママはまったく正反対の意見の持ち主。たとえば、ソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦を例に出し、「(羽生は)試合本番前の記者の質問を「今日はふたつだけに限らせていただきます」と区切っていました。これは記者に冷たいとかではなくて、自分をしっかり持っているからです。自分にいまいちばん大切なのは何か、それを考えて取捨選択しているのです」と、そのクレバーさを称賛。憧れのプルシェンコ選手に勝つために英語もできないまま単身カナダに渡るという“視野のグローバルさ、スケールの大きさ”と、“なによりも自分を大事する”という羽生のあり方こそ、「個の尊重」を掲げたゆとり教育の賜物ではないかというのだ。

「今までのように監督や上から言われたことをやっていく、出してくれたメニューをこなしていくという形ではなくて、自ら理想の形を作ったり目標設定をして、それに挑んでいく──。そんなスタイルに変わってきていることには、ゆとり教育の効果が出てきているんだと思います」(光文社「FLASH」3月4日号より)

 これと同じことが錦織にも当てはまりそうだが、しかし、尾木ママの著書『生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ』(ブックマン社)によると、じつは、「ゆとり教育」は日本において、ほんとうの意味では実現されていないのだという。

 当初、ゆとり教育がめざしたのは「問題解決能力」「発想力」「洞察力」の習得、そして「個の尊重」。だが、02年1月に遠山敦子文科大臣(当時)が「ゆとり教育はやらない」と言い出したため、「ゆとり教育は本格実施と言われる2002年度以降、一度もきちんと実施されていないんですよ」という。むしろ、日本の“おかしな教育”をつくりだしたのは、「新自由主義が台頭した小泉・竹中路線のあの10年間」と指摘している。ゆとり教育ではなく、政治こそが反省されるべきだというのだ。

 実際、いまでも政治による教育の混乱はつづいている。ゆとり教育への間違った実施・評価に基づいて、批判も多かった詰め込み型へと回帰したり、改憲を睨んでのことか、愛国心を育む「道徳の教科化」など、学校現場や子どもたちを無視した改革を推し進めている最中。岡村をはじめ、大人たちもゆとり批判を繰り出す余裕があるのであれば、未来につながる現状の問題のほうを憂えてほしいものだが……。
(水井多賀子)

最終更新:2015.01.19 05:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“錦織はゆとり”? ナイナイ岡村「ゆとり教育でアホが増えた」は本当か?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。世代教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
2 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
6 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
7 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
14 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
18 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
19 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄