“錦織はゆとり”? ナイナイ岡村「ゆとり教育でアホが増えた」は本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nishigori_01_140909.jpg
錦織圭の大健闘の裏でナイナイ岡村が“ゆとり”批判?(「プロテニスプレイヤー 錦織圭 公式サイト」より)


 錦織圭、あと一歩で頂点に及ばず──それでも、錦織の全米オープン決勝進出は、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。そんなお祭りムードのなか、ナインティナイン・岡村隆史が放った発言が炎上している。

「ゆとり教育でアホが増えたぶん、スポーツでガンッていく人が出たのかなと思います。勉強したほうがええやろと思ってましたけど、早いうちに世界に目を向けてると、そんな結果出んねんなあ」

 岡村がこう発言したのは、7日に行われたフジテレビの特番会見でのこと。錦織の歴史的な活躍を問われ、なぜかゆとり教育批判をはじめたのだ。当然、ネット上には「努力してこそ得られた結果をよくこんなこと言えるなぁ…」「ゆとり教育のおかげじゃなくて頑張ってきたからでしょ」と岡村への反発が溢れかえり、「老害化」と切り捨てられてしまった。

 しかし、岡村と同じように、なにかあると「ゆとりのせい」と言い出す人は多い。今年6月に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)でもマナー講師の平林都が、ゆとり世代のネット依存体質を理由に「ゆとり世代の人は好きじゃない」と断言。2月放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でも「会社のゆとり世代対策ランキング」が紹介され、その内容が「ゆとりに対するネガキャンだ」としてネット上で物議を醸した。

 こうした“ゆとりバッシング”に猛然と怒りを露わにするのが、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹。世間のゆとり教育批判に「尾木ママ何か恐ろしささえ感じます!!」とブログでも主張する、ゆとり擁護の急先鋒だ。

 岡村は「ゆとりでアホが増えたぶん」スポーツ界で活躍する人が増えたと分析したようだが、尾木ママはまったく正反対の意見の持ち主。たとえば、ソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦を例に出し、「(羽生は)試合本番前の記者の質問を「今日はふたつだけに限らせていただきます」と区切っていました。これは記者に冷たいとかではなくて、自分をしっかり持っているからです。自分にいまいちばん大切なのは何か、それを考えて取捨選択しているのです」と、そのクレバーさを称賛。憧れのプルシェンコ選手に勝つために英語もできないまま単身カナダに渡るという“視野のグローバルさ、スケールの大きさ”と、“なによりも自分を大事する”という羽生のあり方こそ、「個の尊重」を掲げたゆとり教育の賜物ではないかというのだ。

「今までのように監督や上から言われたことをやっていく、出してくれたメニューをこなしていくという形ではなくて、自ら理想の形を作ったり目標設定をして、それに挑んでいく──。そんなスタイルに変わってきていることには、ゆとり教育の効果が出てきているんだと思います」(光文社「FLASH」3月4日号より)

 これと同じことが錦織にも当てはまりそうだが、しかし、尾木ママの著書『生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ』(ブックマン社)によると、じつは、「ゆとり教育」は日本において、ほんとうの意味では実現されていないのだという。

 当初、ゆとり教育がめざしたのは「問題解決能力」「発想力」「洞察力」の習得、そして「個の尊重」。だが、02年1月に遠山敦子文科大臣(当時)が「ゆとり教育はやらない」と言い出したため、「ゆとり教育は本格実施と言われる2002年度以降、一度もきちんと実施されていないんですよ」という。むしろ、日本の“おかしな教育”をつくりだしたのは、「新自由主義が台頭した小泉・竹中路線のあの10年間」と指摘している。ゆとり教育ではなく、政治こそが反省されるべきだというのだ。

 実際、いまでも政治による教育の混乱はつづいている。ゆとり教育への間違った実施・評価に基づいて、批判も多かった詰め込み型へと回帰したり、改憲を睨んでのことか、愛国心を育む「道徳の教科化」など、学校現場や子どもたちを無視した改革を推し進めている最中。岡村をはじめ、大人たちもゆとり批判を繰り出す余裕があるのであれば、未来につながる現状の問題のほうを憂えてほしいものだが……。
(水井多賀子)

最終更新:2015.01.19 05:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

生きづらいのは「ゆとり世代」だから、と思っている君たちへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“錦織はゆとり”? ナイナイ岡村「ゆとり教育でアホが増えた」は本当か?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。世代教育水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
10 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
11 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
12 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
15 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
18 菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
19 嵐メンバーの意外な恋愛事情
20 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
1 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3 菅首相が緊急事態宣言を出さない理由! 特措法改正は時間稼ぎ
4 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5 感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
8 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
9 菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
10 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄