池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが五輪反対運動封じと開催世論誘導に利用! これまでも池江を強行開催の広告塔に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが五輪反対運動封じと開催世論誘導に利用! これまでも池江を強行開催の広告塔にの画像1
池江璃花子Twitter


 中止を求めるネット署名が30万筆を突破するなど、開催強行への批判が高まり続けている東京五輪。だが、ここにきて、池江璃花子選手のツイートをきっかけに、五輪反対の声を批判する動きが出てきている。

 池江選手は7日夜、ツイッターにこんなコメントを連投した(抜粋)。

〈Instagramのダイレクトメッセージ、Twitterのリプライに「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」などのコメントが寄せられている事を知りました。〉
〈私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません。〉
〈オリンピックについて、良いメッセージもあれば、正直、今日は非常に心を痛めたメッセージもありました。この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。〉

 ようするに、池江選手は自分に五輪の辞退や反対を求めるリプライが届いており、それに困惑しているということを表明したのだが、その後、メディアがこの池江選手のツイートを一斉に報道。リプライへの批判を繰り広げているのだ。選手個人に辞退を求めるのはおかしい、という主張はもちろん、「池江選手への誹謗中傷」「おぞましい匿名の圧力」などと報じるニュースサイトもあった。

 さらにSNSでは、こんな声があふれた。

〈オリンピック反対派は池江さんを虐めるなよ〉
〈「オリンピック反対派」の言葉の暴力は酷すぎる! 池江選手があまりにもかわいそうだ。〉
〈オリンピック反対派が池江選手を悪者に仕立て上げようとしている。〉
〈こんなことよくできるなぁ 人デナシとはこのことだわ〉
〈これはいじめに等しいのではないでしょうか? 難病を克服してオリンピックを目指す方に対しての攻撃、あまりにひどいと思う〉

 たしかに選手個人にリプを飛ばして辞退を求めるというのはやりすぎの部分はある。中止署名の発起人である宇都宮健児弁護士が〈五輪中止を求める相手は選手ではなく、主催者であるIOC、IPC、国、東京都、組織委である。当然のことながら選手にはいっさいの非はない。見通しの立たない辛い状況に置かれている選手をこれ以上苦しめてはならない。〉とツイートしていたが、そのとおりだろう。

 しかし、いま、メディアやネットが叫んでいる批判、まるで五輪反対派が束になって、池江選手に五輪辞退を迫り、池江選手を悪者にしようと誹謗中傷を繰り広げているかのような主張は、明らかにためにするフレームアップと言っていい。

 そもそも、今回の問題は池江選手がツイートする半日前の7日午後、ネットニュース『週刊女性PRIME』が「東京五輪ありきの強行施策に「辞退して」池江璃花子らアスリートに向く“矛先”」というタイトルでこの問題を取り上げ、すでにネット上で大きな話題になっていた。池江選手もこの記事や反響を見て、リプやDMの存在に気づいたものと思われる。

 しかし、チェックしてみると、報道以前にこうしたリプライが大量にあった形跡は確認できないし、ネットでもほとんど話題になっていなかった。

 また、『週女PRIME』の紹介した3つのリプを見るかぎり、いずれも医療崩壊や子どもの行事の自粛との矛盾を指摘し、五輪辞退や反対を求めるもので、前述したように直接、選手個人に送りつけるのはやりすぎだとは思うが、内容は誹謗中傷ではない。

 ところが、メディアはあたかも池江選手への個人攻撃、誹謗中傷が大量に殺到しているかのように騒いでいるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが五輪反対運動封じと開催世論誘導に利用! これまでも池江を強行開催の広告塔にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。東京五輪池江璃花子竹田恒泰編集部菅義偉西村康稔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
2 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
3 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
4 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
7 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
8 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
11 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
12 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
13 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
14 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
15 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
16 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
17 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
20 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
14 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄