村上春樹がエッセイ『猫を棄てる』を書いたのは歴史修正主義と対決するためだった! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『猫を捨てる』で明らかになった村上春樹の父親が戦中、体験した“中国人捕虜の首切り”

 こうしてみると、村上春樹が今回、父親をテーマにしたエッセイを書いた背景に、現在の日本社会に蔓延る歴史修正主義への危機感をことは疑いようがないだろう。

 実際、この危機感は、一昨年、発表した長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)にも込められていた。同作には、南京大虐殺と歴史修正主義に関するこんな記述があり、当時、百田尚樹ら極右論客やネトウヨから激しい攻撃にあったことも記憶に新しい。

〈「いわゆる南京大虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市内の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」〉

 だが、『騎士団長殺し』にはこの記述以外にも、日本兵による中国人捕虜の虐殺場面を生々しく描いた場面があった。

〈叔父(=継彦)は上官の将校に軍刀を渡され、捕虜の首を切らされた。(略)帝国陸軍にあっては、上官の命令は即ち天皇陛下の命令だからな。叔父は震える手でなんとか刀を振るったが、力がある方じゃないし、おまけに大量生産の安物の軍刀だ。人間の首がそんな簡単にすっぱり切り落とせるわけがない。うまくとどめは刺せないし、あたりは血だらけになるし、捕虜は苦痛のためにのたうちまわるし、実に悲惨な光景が展開されることになった。〉
〈叔父(=継彦)はそのあとで吐いた。吐くものが胃の中になくなって胃液を吐いて、胃液もなくなると空気を吐いた。(略)上官に軍靴で腹を思い切り蹴飛ばされた。(略)結局彼は全部で三度も捕虜の首を切らされたんだ。練習のために、馴れるまでそれをやらされた。〉

 この凄惨なエピソードは主人公の友人の叔父の体験として語られていたが、『猫を棄てる』を読むと、実際は、村上の父が唯一息子に語ったという戦争の記憶―─初年兵に度胸をつけさせるため中国人捕虜を軍刀で殺させているのを光景の記憶―─をモチーフにしていたことがはっきりとわかる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村上春樹がエッセイ『猫を棄てる』を書いたのは歴史修正主義と対決するためだった! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。戦争責任村上春樹歴史修正猫を棄てる酒井まど騎士団長殺しの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
2 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
3 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
4 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
5 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
8 愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
9 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
10 リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
11 菅首相長男のCS放送を総務省が特別扱い!担当は山田内閣広報官
12 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
13 不具合放置のCOCOAに政府が4億円支出 受注したパーソルに中抜き疑惑も
14 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
15 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
16 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
17 菅首相の激怒でNHK『NW9』有馬キャスターが降板に!
18 福島県沖地震で再び朝鮮人差別デマ 通報の動きに「ネタ」「パロディ」と反論も
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
1リコール不正確定的でも陰謀論全開の高須院長を批判できないマスコミ
2年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
3愛知リコール不正 バイトに偽造署名 高須院長と河村市長は説明を
4 川淵三郎は極右歴史修正主義者! 最高顧問の教育団体は親学と連携
5菅政権のデジタル化のポンコツ暴露も、さらに五輪観客用アプリに73億円
6 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
7菅首相長男のCS放送を総務省が特別扱い!担当は山田内閣広報官
8有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
9丸川珠代は五輪担当相に不適格!「娘として」発言、ヘイトデマ丸乗り
10 菅政権がワクチン特殊注射器8000万本を韓国に購入要請でネトウヨが激怒
11 菅政権がワクチン接種でも大失態! 特殊な注射器用意せず、韓国と対照的
12福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
13五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
14密室談合の川淵三郎後任人事を菅も安倍も認めていた
15 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
16福島県沖地震で再び朝鮮人差別デマ 通報の動きに「ネタ」「パロディ」と反論も
17森喜朗辞任でも「となりの森さん」二階幹事長、秋元康
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄