村上春樹がエッセイ『猫を棄てる』を書いたのは歴史修正主義と対決するためだった! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『騎士団長殺し』では父親の体験をモチーフに“加害責任”に踏み込んだ

 しかも、村上は父の記憶をモチーフにしながら、父たちを単なる戦争に翻弄された「被害者」の立場にとどめることはしなかった。村上は『騎士団長殺し』でさらに踏み込み、加害者となることの悲劇を描いている。

 たとえば、継彦の手による殺戮について、継彦の甥である友人が〈「(叔父は)ショパンとドビュッシーを美しく弾くために生まれてきた男だ。人の首を刎ねるために生まれてきた人間じゃない」〉〈いったん軍隊みたいな暴力的なシステムの中に放り込まれ、上官から命令を与えられたら、どんなに筋の通らない命令であれ、非人間的な命令であれ、それに対してはっきりノーと言えるほどおれは強くないかもしれない〉と同情的な姿勢を示したときのことだ。

 村上は、主人公である〈私〉に、〈「人の首を刎ねるために生まれてきた人間が、どこかにいるのか?」〉と反論させ、〈私は自分自身について考えてみた。もし同じような状況に置かれたら、私はどのように行動するだろう?〉と自らに問いかけさせている。

『騎士団長殺し』ではこのほかにも、日本とナチスとの同盟関係、日本のナチスへの加担についても作中で繰り返し指摘するなど、作品全体を通して戦争という負の歴史に向き合い、安倍政権的な歴史修正主義と対決する姿勢が貫かれていた。

 村上は『騎士団長殺し』出版時に受けたインタビューのなかではこのような発言をしている。

「歴史というのは国にとっての集合的記憶だから、それを過去のものとして忘れたり、すり替えたりすることは非常に間違ったことだと思う。(歴史修正主義的な動きとは)闘っていかなくてはいけない。小説家にできることは限られているけれど、物語という形で闘っていくことは可能だ」(毎日新聞)
「歴史は集合的な記憶だから、過去のものとして忘れたり、作り替えたりすることは間違ったこと。責任を持って、すべての人が背負っていかなければならないと思う」(朝日新聞)

 こうした『騎士団長殺し』に込めた強い覚悟を振り返ると、村上春樹が今回、自分の作家としてのスタイルを変えてまで、『猫を棄てる』を書いた理由がうかびあがってくる。歴史修正主義と対決するために戦争における日本の加害性に踏み込んだ『騎士団長殺し』という作品を発表したにもかかわらず、その問題について、日本のマスコミや文芸批評では、ほとんどと掘り下げられなかった──その危機感が村上を突き動かしているのではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村上春樹がエッセイ『猫を棄てる』を書いたのは歴史修正主義と対決するためだった! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。戦争責任村上春樹歴史修正猫を棄てる酒井まど騎士団長殺しの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
2 中居正広“1年後に独立”計画に暗雲
3 菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
4 コロナ対策でも露呈した菅首相の女性問題不見識 田村智子の質問に…
5 菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
6 原発事故前に安倍が地震対策拒否
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
10 『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
11 大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
12 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
15 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
16 年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
17 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
20 五輪組織委会長の橋本聖子が高橋大輔の他にセクハラ 池江璃花子の白血病でも
1年金データのマイナンバーはやはり中国に流出か…厚労省部会の報告書が指摘
2福島沖地震で東電が福島原発の異変を隠蔽!菅首相も「すべて正常」
3菅首相が東北新社創業者のもうひとつの献金を隠していた理由
4 愛知リコール不正は維新にも責任 事務局長は維新の衆院選公認候補
5菅首相が“コロナ会見中止は山田内閣広報官隠し”と追及され逆ギレ!
6山田真貴子内閣広報官が育鵬社の教科書に“男女平等の象徴”として登場!
7菅首相が山田内閣広報官を処分しない理由に女性問題を悪用!
8大阪維新「ファクトチェッカー」が一般市民の事実に基づく批判を吊るし上げ
9菅首相、麻生財相、小泉環境相らが参加する“会費月10万円以上の秘密勉強会”
10菅首相が追い詰められ本音ダダ漏れ、ジェンダーバイアス発言も
11田崎史郎が山田真貴子辞職でも「入院は山田氏の判断」「食べたの3万円分」
12『バイキング』がリコール不正で高須院長を露骨擁護!スポンサーに忖度か
13 菅首相の長男による総務省幹部接待は贈収賄だ! 接待音声データで菅長男が…
14コロナ対策でも露呈した菅首相の女性問題不見識 田村智子の質問に…

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄