木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか? 木下を切り捨てた事務所のリークに丸乗りするマスコミの無節操

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか? 木下を切り捨てた事務所のリークに丸乗りするマスコミの無節操の画像1
不倫を報じた Sponichi Annex、NEWSポストセブン、文春オンラインなど


“タピオカ騒動”で芸能活動を自粛していた木下優樹菜が7月1日、復帰を発表するも、速攻で芸能界を引退したことで、マスコミが一斉にバッシングを展開している。

 所属事務所のプラチナムプロダクションが引退発表に際し〈今後の活動に向け、慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断〉とコメントしたことから、「木下の不倫が原因」と断定。かねてより報道されていたサッカー日本代表の乾貴士選手との“タテヨミ不倫”を蒸し返すだけでなく、一斉に新たな不倫相手が発覚したと報じた。そして、「タピオカ騒動だけでなく不倫までしていたとは」「ママタレントを売り物にしながら裏で不倫をしていたなんて信じられない」と、大バッシングを繰り広げているのだ。

 しかし、この不倫報道、かなりあやしい。それは、各メディアの不倫相手の報じ方をみても明らかだ。ざっとあげてみよう。

「大手事務所所属の男性グループの30代メンバー」(文春オンライン)
「妻子あるミュージシャン」(NEWSポストセブン)
「音楽活動もしている30代の俳優」(サンスポ)
「男性グループメンバー」(スポニチ)
「人気男性グループのダンサーX」(デイリーニュースオンライン)
「大手事務所所属のヒップホップグループ」(『バイキング』での中村竜太郎氏の発言)

 とにかくかなり曖昧で、メディアによって表現がバラバラ。すべての報道が当てはまるような芸能人って本当にいるのだろうか。まあ、LDH所属グループのメンバーならいくつかの報道は該当するが、しかし、だとしたらなぜ、もっと具体的に報じないのか。マスコミ関係者は「裏が取れていないから」と弁明し、ネットでは「相手の所属が大手事務所だから名前を出せない」という推測が流れているが、そんなわけがない。芸能マスコミなんてふだん、根拠のない噂レベルの話をさんざん書いているし(実際、乾選手については裏も取れていないのに実名で報道している)、相手が大手事務所であっても、「文春」などの週刊誌系はディテールがわかっていれば、ある程度は踏み込んで書くはずだ。

 また、『バイキング』(フジテレビ)では坂上忍が、「これは、引退と引き換えに、その記事を出さないでくれっていう…」と推理していたが、何を素人みたいなことを言っているのか。週刊誌がそんなメリットのない取引に応じるはずがないだろう。

 芸能マスコミがこんな曖昧な書き方しかできない理由ははっきりしている。それはメディア側も相手はおろか、本当に不倫しているかどうかさえわかっていないからだ。実際、不倫報道をしたあるメディアの記者に取材をかけたところ、こんな驚きの答えが返ってきた。

「少なくともうちは、相手が誰かわかってないし、なんのディテールもつかんでいない。事務所周辺からそういう情報が出ているからそのまま書いているだけ。多くの社も同じだと思うよ」

 そう、今回の不倫報道はどうも、所属事務所のプラチナム周辺が曖昧に流した話を書き立てているだけのようなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか? 木下を切り捨てた事務所のリークに丸乗りするマスコミの無節操のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングプラチナム木下優樹菜林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
16 田崎とケントに自民党からカネが!
17 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 麻生太郎が愛人の店に2360万円
20 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄