昭恵夫人が心酔、大分旅行にも同行の“スピ系医師”が著書で「コロナは心配する人が罹る」、外出控える人を逆に「ウイルスまみれ」「低次元」と攻撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
一緒に大分旅行、昭恵夫人が心酔するスピ系医師が著書で「コロナは心配する人が罹る」、外出控える人を逆に「ウイルスまみれで抹殺されろ」と攻撃の画像1
安倍昭恵Facebookより


 あの安倍昭恵夫人がまたぞろやらかした。昨日発売の「週刊文春」(文藝春秋)4月23日号が報じているが、新型コロナウイルスで外出自粛が求められているなか、昭恵夫人は我関せずと大分県へ旅行。総勢約50人の団体ツアーとともに宇佐神宮を参拝していたというのである。

「週刊文春」によれば、昭恵夫人ご一行が宇佐神宮を参拝したのは3月15日。その前日には改正新型インフルエンザ等対策特措法が施行され、安倍首相が記者会見で「現状は依然として警戒を緩めることはできません」などと呼び掛けたばかり。まさに国民の神経を逆撫でするノー天気ぶりだ。大多数が普段と異なる生活を強いられ、多くの人々の家計を直撃している“コロナ自粛”のなかで、あろうことか総理大臣夫人が遊びに出かけていたとは……。呆れてものも言えないとはこのことだろう。

 詳しくは発売中の「週刊文春」をお読みいただきたいが、昭恵夫人に「どうかしている」と言いたくなるのは、立場を弁えずに旅行へ行ったことだけではない。もっと驚くのは、昭恵夫人が大分旅行に行くきっかけをつくり、一緒に宇佐神宮を参拝していた人物の正体だ。

 それは、「ドクタードルフィン」を名乗る松久正氏という人物。鎌倉市で診療所を経営し、講演なども行っている「医師」である。「週刊文春」の直撃に松久氏が答えているように、松久氏の著書を読んで感銘を受けた昭恵夫人が食事会に誘うなどしており、昭恵夫人にとっては友人どころか“心の師”とでもいうべき存在らしい。

 今回の大分旅行も、昭恵夫人が「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」などと松久氏に連絡、松久氏主催のツアーに組み込まれていた宇佐神宮参拝に合流したということのようだ。

 ところが、この松久氏、〈自分自身で人生や身体の問題を修復する力を最大限に発揮させる「超次元・超時空間松果体覚醒医学」を提唱〉(HP)などと謳っており、スピリチュアル系の書籍を多数出版。昭恵夫人が「面白い本ですよね」などと称賛しているのだという。

 昭恵夫人のスピ好き、オカルト好きは今に始まったことではないが、この松久氏はこれまでとはレベルが違う。何しろ、新型コロナウイルスについても、感染を拡大させかねないトンデモ理論を主張しているのだ。

 ここに、松久氏が3月末に「緊急重要出版」した『ウィルスの愛と人類の進化』(ヒカルランド)なる単行本がある。表紙には〈88次元 Fa-A ドクタードルフィンが微生物の想いを代弁する超高次元の書!〉という文言に加え、〈コロナ567は、ミロク369だった!〉なる意味不明な語呂合わせ。早くも濃密なスメルがプンプンしてくるが、さらに表紙を開いた“ソデ”には堂々とこう記されていた。

〈567(コロナ)と365(ミロク)の超融合
 コロナウイルスは、意識する人、
 罹ることを心配する人、
 が、罹ります。
 意識しない人には、
 存在しないのと、同じことなのです。〉

 ヤバい。ヤバすぎる。この本が新型コロナウイルスに便乗して出版されたのは明らかだが、いままさに多くの人が感染症に苦しみ、亡くなる人も増えているなか、「コロナウイルスは意識する人や心配する人が罹る」「意識しない人には存在しないのと同じ」などと宣うって……。しかもこの人、診療所を持つ「医師」なのである。いくら明らかな“スピリチュアル本”だとしても、こんなのってアリなのだろうか?

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

昭恵夫人が心酔、大分旅行にも同行の“スピ系医師”が著書で「コロナは心配する人が罹る」、外出控える人を逆に「ウイルスまみれ」「低次元」と攻撃のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウィルスの愛と人類の進化スピリチュアル宇佐神宮安倍昭恵安倍晋三新型コロナウイルス松久正編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
3 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
7 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
8 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11 自民党がネトサポに他党叩きを指南
12 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
13 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
14 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
17 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
20 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄