「昭恵夫人の日当、交通費」の質問に安倍政権が「お答え困難」とごまかした理由! 私的な活動にも“公費支出”の疑惑が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「昭恵夫人の日当、交通費」の質問に安倍政権が「お答え困難」とごまかした理由! 私的な活動にも公費支出の疑惑が の画像1
首相官邸HPより


 昭恵氏の日当や交通費にいくらかかっているのかは「お答えすることが困難」──。本日、政府が閣議決定したこの答弁書の内容が、大きな話題を呼んでいる。

 昭恵氏といえば、「桜を見る会」でも「昭恵枠」が設けられ、名誉会長を務めたスキーイベントや校長を務める「UZUの学校」の関係者といった“お友だち”が十数人単位で招待されていたことが判明。当然、「私人じゃなかったのか」「私人なのに公的イベントで招待枠ってどういうこと?」などという意見がネット上で巻き起こったが、一方で政府は11月29日に、昭恵氏は“「公人ではなく私人である」という認識に変わりはない”としながら、〈「桜を見る会」への出席については、安倍内閣総理大臣の公務の遂行を補助する一環として行われてきたもの〉とする答弁書を閣議決定した。

「公務の遂行を補助」する者はどう考えても公人だと思うが、この答弁書に対し、立憲民主党・有田芳生議員は質問主意書で3つの質問をおこなっていた。

〈一 (前略)「公務の遂行」の「補助」の一環として「安倍総理の夫人」が出席する行事には、「桜を見る会」のほかにどんな行事があるのですか。典型的な催しをお示し下さい。
二 「公務の遂行」の「補助」には、日当や実費などとして公費は支出されていますか。されているなら、どこからいくら支出されたのか、第二次安倍政権以降について、年度別にお示し下さい。また、飲食費、交通費などに公費が支出されているなら、その細目と金額を第二次安倍政権以降について、年度別にお示し下さい。
三 「公務の遂行」の「補助」において公用車は使われていますか。使用されているなら第二次安倍政権以降、どの催しで何回使用されたのか、年度別にお示し下さい。〉

 だが、この質問主意書に対し、政府はこう答えたのだ。

〈一について
 お尋ねの「典型的な催し」の意味するところが必ずしも明らかではないが、安倍内閣総理大臣の公務遂行を補助するものとして安倍内閣総理大臣の夫人が出席する「行事」としては、宮中晩餐会、園遊会等が挙げられる。
二について
 お尋ねの「日当や実費など」及び「飲食費、交通費など」の範囲が明らかではないため、お答えすることは困難である。
三について
 お尋ねの「「公務の遂行」の「補助」において公用車は使われていますか」の意味するところが明らかではないため、お答えすることは困難である。〉

「おいおい」とツッコまざるを得ないほど、矛盾した答弁ではないか。というのも、昭恵氏が「公務の遂行を補助」する者として出席する行事について「宮中晩餐会、園遊会等」と政府自ら具体的に挙げているのだから、そこでの日当などの公費支出はいくらなのか、公用車は使用されているのかという質問に対しては「日当は出ている/出ていない」でも「公用車に安倍首相と乗車」でも答えられるはずだ。それを「範囲が明らかではない」「意味するところが明らかではない」として「お答えは困難」などと回答しないのは、まったくおかしな話ではないか。

 しかも、じつは「公務の補助」に対する昭恵氏に支払われる「日当」「交通費」について、政府は過去、答弁をおこなっているのだ。

 それは森友問題の追及が国会でおこなわれていた2017年3月2日の参院予算員会でのこと。自由党(当時)の山本太郎議員が「総理夫人が総理とともに海外に公務で出張した際、夫人に対する手当って出ますか。また、その手当の名前と金額はいくらなのか、国内の場合だとどれぐらいですか」と質問したのだが、当時の内閣審議官で現・厚労省官房長の土生栄二氏は、こう答弁をおこなった。

「総理夫人が内閣総理大臣の公務を補助する活動をおこなうためには、総理の出張に同行する場合には旅費法の対象となり得るということでございます。その場合、総理夫人に対しましては、交通手段及び路程に応じ、その際に掛かった経費が交通費として支払われるということでございます。なお、第二次安倍内閣発足以降、日当は辞退の申し出がなされており、支払われていないということでございます」
「第一次安倍政権下におきましてはご辞退の申し出はございませんでしたので、支払われていたというふうに承知しております」
「第一次安倍内閣及び第二次安倍内閣以降におきまして総理夫人に対して支出した交通費等の総額は、約145万円ということでございます」

 つまり、約2年半前には、昭恵氏が公務の海外出張に同行した際の日当は、第一次安倍政権では支払われていたが、第二次政権以降は「辞退」している、と明らかにしていたのだ。しかも、このとき安倍首相も直々に「日当については第二次政権以降はお断りをしているが、日当は私の妻にだけ出ているわけではなく歴代の総理夫人にも出ているということは申し上げておきたい」と付言している。

 なのに、今回はなぜ「範囲が明らかではない」などと答弁をごまかしているのか。海外出張同行と同じようにすべての公的イベント出席時も「日当」を受け取っていないのであれば、そう答えればいいし、仮に歴代の総理夫人と同様に「日当」を受けとっているのなら、その日当や経費をきちんと公開すればいいだけの話だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「昭恵夫人の日当、交通費」の質問に安倍政権が「お答え困難」とごまかした理由! 私的な活動にも“公費支出”の疑惑が のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。お友だち交通費安倍昭恵有田芳生答弁書総理夫人編集部谷査恵子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
2 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
3 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
4 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
5 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
6 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
7 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
10 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
11 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
12 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
13 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
14 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
15 ついに村上春樹が原発反対を表明!
16 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
17 産経の総帥が軍の慰安所関与証言
18 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
19 百田尚樹小説の村上春樹揶揄に新潮社が
20 キンコメ高橋が法廷で母親の自殺を告白
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
8GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
9大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
14東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
20香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄