和泉首相補佐官・大坪審議官“安倍側近不倫カップル”の醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
和泉首相補佐官・大坪審議官安倍側近不倫カップルの醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告の画像1
厚生労働省HPより


安倍首相の新型コロナ対応をめぐる失態が次々発覚し、批判が集まっているが、忘れてはいけないのはクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の存在だろう。

 きょうようやく船長ら乗員が全員下船したが、同船からは死亡者、重症者が続出している。これは乗客・乗員を守るのではなく、とにかく上陸させないよう封じ込めた政府の姿勢がこの結果を招いているのだ。

 実際、政府が同船をただの“厄介払い”の場所としてしか考えていないことを証明するような人事も行われていた。安倍首相側近・和泉洋人首相補佐官との公費不倫問題を追及されている厚労省の大坪寛子・大臣官房審議官が2月の半ばからこのダイヤモンド・プリンセス号に派遣されていたのだ。

 たしかに大坪氏は健康危機管理・災害対策室の担当だが、これまでは東京で記者会見や総理レクを行なってきた。それがいきなりクルーズ船派遣というのは、明らかに、国会やマスコミの追及から身を隠すためだろう。実際、この公費不倫カップルを追及し続けている「週刊文春」3月5日号によると、大坪氏は背中に〈厚生労働省〉と記された紺色のジャージに身を包み、関係者の作業場となっている「サボイ・ダイニング」に詰めているというのだが、なんの仕事をしているのかさっぱりわからない状態だったという。

 しかし、大坪審議官といえば、一連の不倫報道でも明らかになったように、和泉補佐官の虎の威を借りた政策ゴリ押しや傍若無人な言動を繰り返し、いたるところでトラブルを引き起こしている問題官僚。ただでさえ、混乱をきたしているダイヤモンド・プリンセス号に派遣して、大丈夫なのか。

 実際、前述した今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)には乗船した医師の証言で、さっそく大坪氏の問題行動が暴露されていた。なんと、感染対策で飲食が禁止になっている作業エリアにスイーツやコーヒーを持ち込んだり、マスクをしていない姿をしょっちゅう目撃され、注意を受けているというのだ(大坪氏本人・厚労省は「文春」の取材に否定)。

 だが、責任はこんな問題官僚を追及から隠すために危機が切迫しているクルーズ船に送り込んだ政府にある。政府はそんな姑息な工作で現場に迷惑をかけるより、大坪氏を即刻戻して一連の問題について国会で説明させるべきではなかったのか。
 
 実際、大坪氏と和泉首相補佐官がやっていることは、ただの不倫ではない、その関係を仕事に持ち込み、行政を歪めているのだ。出張にかこつけた京都不倫デートに始まり、和泉氏による大坪氏の厚労省審議官昇格ゴリ押し、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大学iPS細胞研究所所長への恫喝、和泉氏への海外出張に無関係な大坪氏の同行、二人の部屋を内部でつながっているコネティングルームにしろとの要求……。

 さらに、本サイトがいち早く報じたAMED(独立行政法人日本医療研究開発機構)の問題も、疑惑の火付け役「週刊文春」(2月27日号)が取り上げた。

 あらためて説明しておくと、AMEDとは、安倍政権が「健康・医療戦略の司令塔」として設立させた独立行政法人で、和泉氏が室長をつとめる内閣官房の「健康・医療戦略室」が事実上の上部組織として担当してきた。ところが、大坪氏が和泉氏の威光をカサに健康・医療戦略室の次長に就任してからというもの、ノーベル賞受賞の山中伸弥所長を恫喝したのと同じような高圧的なやりかたで、AMEDの方針にことごとく介入。AMED側がこれに反発し、機能不全状態に陥っていた。

 すると、2019年7月、AMEDの担当である健康・医療戦略室室長である和泉補佐官が乗り出し、AMED幹部を呼び出したのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

和泉首相補佐官・大坪審議官“安倍側近不倫カップル”の醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。和泉洋人大坪寛子安倍晋三新型コロナウイルス漂流する日本の医療研究開発編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
2 “使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
3 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
4 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
7 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
8 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
9 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
10 「ほんこんおもんない」に法的措置ちらつかせ批判殺到…極右芸人・ほんこんがやらかしたもうひとつの言論弾圧と在日ヘイト誘発
11 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
14 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
15 “菅親衛隊”状態の田崎史郎が石破茂批判で「飲み食いの数が少ない」
16 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
17 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
1菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
5“使い回し”菅義偉が国葬弔辞に“見てない話”をギャンブルで盛り込んだと自慢
6玉川徹を攻撃する橋下徹、三浦瑠麗、ほんこんの悪質デマ垂れ流し過去
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄